カード派にも現金派にも便利なデビットカード!小銭が減ってお財布スッキリ!

現代生活に無くてはならないものはたくさんありますが、クレジットカードもそのひとつですよね。

僕は考え方が古い人間なので、クレジットカード=借金という図式ができあがっているからか?元々クレジットカードはあまり好きではありませんでした。

とはいえ、仕事が個人事業主の運送業なのでガソリンは2日に1度は入れなければいけないため、現金では払いきれないということで、ガソリン代だけは十数年間クレジットカードで支払っています。

20160722card

でも、クレジットカードでガソリン代をずっと支払い続けたことで、クレジットカードの良いところも発見できました。

それはポイントです。

クレジットカードの多くは利用金額に応じてポイントが付きますが、ガソリン代は結構かかるのでポイントも結構付きます。

1年間も貯めているとちょっと贅沢は外食くらいは余裕でできるほどのポイントが貯まります。

スポンサーリンク

ポイントが結構貯まるということがわかったために今ではガソリンの他、携帯代、電気代、ネット通販などをクレジットカードで支払うようになりました。

と言っても、根っからの現金派の僕は普段の買い物などでクレジットカードを使うのはやっぱり気が引けちゃうんです^^;

確かに現金を持ち歩かなくても買い物などができるというのは非常に便利なのですが、心のどこかに“借金”という感覚があって、うっかり使いすぎたら困ると思っちゃうんですよねえ。

そんな現金派の僕ですが、昨年末にふとしたことからデビットカードを使うようになりました。

デビットカードは、クレジットカードと同じように使えますが、決定的に違うのは借金じゃなく、自分のお金を使うというところですよね。

デビットカードを使った瞬間、自分の口座からその金額が引き落とされるという仕組みですから、口座に残高が無ければ使えなくなります。

つまり財布の中にお金が無ければ何も買えないのと同じで、口座にお金が無ければ何も買えませんから、カードの皮をかぶった現金?なんですwww

スポンサーリンク

現金のイチバン面倒なところは財布の中が1円玉や5円玉といった小銭だらけになって財布がデブになるんですが、デビットカードだと小銭を扱うことが一切無くなるので、お財布がいつもスッキリしていて気持ちいいんです。

しかもクレジットカードと同じでポイントも付くので、昼食をコンビニで買っているだけなのに、知らず知らずのうちにポイントが貯まっているという現金には無い得があるところも気に入っています。

ということで、現金派の僕にとってデビットカードは本当に便利ですし、なんならここ数年で最大のヒット商品と言えるシロモノかもしれません^^