ビーサンの季節到来!今年こそギョサンを履こうと毎年思うけど…

梅雨の走りなのか?GWが明けてからというもの曇ったり雨がパラついたりでハッキリしない天気が続いてますね(;´・ω・)

僕は太陽がさんさんと輝いている日が大好きなので、これからの季節はちょっと不機嫌になりますが、唯一の救いは寒くなので冬ほどイヤな気持ちにはなりません。

暖かくなってうれしいのは、着るものが簡単になることですが、それよりも大切なことは靴下が大嫌いな僕が靴下を履かなくてもよくなることです。

そんなわけで休日の足元はビーサンと決まっています。

素足で気軽に履けるサンダル自体好きなのですが、その中でもビーサンは僕の中では不動のキングです!

ビーサンにもいろいろありますが、僕がこだわっているのは昔はゴム草履と呼ばれていたタイプのビーサンです。

20170516beachsundal

スポンサーリンク

ゴム草履タイプのビーサンの歴史を考えるとオレがガキの頃はビーサンと言えばこのタイプでした。

ところが段々とおしゃなデザインのビーサンが増えてきて、ゴム草履タイプのビーサンを見かけることは少なくなっていったのですが、やはり原点回帰というのか?シンプルイズベストということに気付いたのか?今、ビーサンと言えばゴム草履タイプが主流となってますね。

そして数年前から、王者ビーサンの地位を揺るがすくらい人気が出たのがギョサンです。

ギョサンというのは、小笠原諸島の漁業関係者が履いていたサンダルでビーサンのように鼻緒とソールが別になっているものではなく、すべてが一体化していて、素材も滑りにくくなっているというのが特徴です。

昔なら便所サンダルと呼ばれるようなデザインのサンダルですが、色をカラフルにしたことで若者を中心に人気になったようです。

ビーサン大好きの僕もギョサンが流行り出した時は今年はギョサンを履いてみようと思ったのですが、ついつい買いそびれてしまって未だに履いたことがありません(;^ω^)

スポンサーリンク

今年もGWからビーサンを履きだしましたが、今年も例年通り、やはりギョサンを履いてみたいと思ってしまったんです。

ところが今履いているビーサンはもう3~4シーズン履いてるのにもかかわらず、まったく傷まないので買い替えるきっかけが無いんです(^▽^;)

ギョサンの価格は高いものだと1000円以上しますが、一番安いものだと500~600円で買えますから、いつでも買えるっちゃ買えるんですが、必要に迫られてないのでつい忘れてしまうんですよねえw

そんなわけでギョサンが頭にインプットさるようにこの記事を書いた次第です(^▽^;)