新潟の日本海に沈む夕日が泣ける【画像あり】これぞ海キャンプの醍醐味!

7月30、31日と新潟・柏崎の番神海岸へ1泊2日の海キャンプに行ってきました^^

心配していた天気も雨一滴降らず、気温も予報では30℃くらいだったのが、フタを開けてみれば33℃くらいにはなりましたし、海水温も温かくて海水浴には最高の陽気でした。

20160730banjin1

テントとサンシェードはこんな感じで設営。

20160730tent

陽気が良すぎて暑すぎるくらいでしたが、海に行ったのに寒いようじゃ気分が出ませんから、暑いくらいじゃないとダメですよね。

海に行ったからと言って、若いころのようにはしゃいで騒ぐとかはしません。

じゃ、何をするかというと海を眺めて、暑くなったら水中メガネを持って海に入り、テトラポットや岩場のあたりをシュノーケリングして、疲れたらまた海を眺めてと特にこれと言ってすることがあるわけではないんです^^;

しかし、時間を一切気にせず、好きなだけ海を眺めて、好きな時に海に入り、好きな時に寝て、どうでも良いおしゃべりをするというのがめちゃくちゃ楽しいんです!

スポンサーリンク

そして僕が海に行く最大の理由がサンセットです。

誰も居なくなった夕凪の浜辺のずっと先にある日本海の水平線に向かって、徐々に太陽が傾いてくると、あたりは段々とオレンジ色が濃くなってくる。

沈みゆく大きな夕日を静かに見ているだけで心が洗われて、なぜか泣けるほどの感動が心を満たすんです(゜-Å) ホロリ

それだけでストレスなんかどこかに吹き飛んでしまうようです^^

その時の画像を載せておきますので見てみてくださいね。

20190730banjin2

20160730banjin3

20160730banjin4

20160730banjin5

20160730banjin6

新潟はどこの海水浴場に行っても、サンセットが見られますから、日本海に沈む美しい夕日を見たいならおすすめです。

夕日が見られる時間は6時すぎから7時前くらいまでですので、宿に泊まる場合は夕食の時間をずらしてもらった方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

最大の楽しむのサンセットが終わると夕食なんですが、今回は家族3人だけだったので、柏崎市内のラーメン屋に行って食事をしてきました。

食事帰りに毎年食材を調達するスーパー「ウオロク」に寄って、デザートやフルーツ、翌朝の朝食を調達してから、テントに戻り夜の海を眺めながら眠くなるまで過ごしていました。

翌朝5時すぎに目が覚めたので、まだ人の少ない浜辺を眺めながらペットボトルのコーヒーをゆっくり味わい、海キャンプに来た時しか味わえない貴重な時間を楽しんでいました^^

20160731morning

今回は予行練習みたいなものなので、1泊2日という超短い海キャンプでしたが、お盆休みにはもうちょっと長く居られたら良いなあと思っています。

ただし、お盆はかなりの確率で雨が降るので、すべては天気次第で決まります。

天気が良ければ行く、天気が悪ければ行かないというように宿を予約をしているわけではないので、自由に予定を変えられるところも海キャンプのメリットのひとつだと思っています。