土用の丑の日に金欠…そんな時うなぎの代用品としてうな次郎がいいらしい件

ふと気付けば、昨日7月25日は2017年最初の土用の丑の日だったんですね(^▽^;)

今朝まで昨日が土用の丑の日だということを知らなったので、残念ながらうなぎは食べていません。

でも土用の丑の日だということを聞いた以上、うなぎのことを僕の頭から追い払うことはできませんw

20170726unagi

スポンサーリンク

で、次の土用の丑の日はいつか調べたところ、8月6日の日曜日だということがわかりました!

それがわかれば、後はどこのうなぎを食べるか?なんですが、去年はすき家と吉野家のうなぎを食べ比べてみたんですね。

うなぎが食べたい!すき家と吉野家ならどちらが美味いのだろう?
今週の月曜日からうなぎが無性に食べたくて仕方ありません! 土用の丑の日が近づくこの時期になるといたるところでうなぎの宣伝をしだすもので...

食べ比べてみてどちらが美味しかったか?ということが一番重要なんですが、今となっては思い出せません(^▽^;)

味はともかく、牛丼屋のうなぎで印象に残ってることは「量が少なかった」ということだけですwww

800円近くも払うのにうなぎが1枚の半分、ご飯も子供が食べるくらいしかないってのは、ビンボーな我が家にとってはヒジョーに贅沢品なんです(-_-;)

で、どうすべきかを思い悩みながらネットサーフィンをしていたら、ヒジョーに興味深いものを発見しました!

それが『うな次郎』というものなんです。

うな次郎というのは、一正蒲鉾から発売されているもので、その正体はなんとかまぼこなんですw

うなぎの代用品と言えば、なまずやさんまの蒲焼などが有名ですが、それらは一応“魚”という共通点があります。

あれ?かまぼこも魚のすり身だから、やっぱり魚だwww

スポンサーリンク

1人前の価格も税込321円とうなぎはもちろん、なまずやさんまなどと比べても激安で買えるんですね。

見た目をうなぎの蒲焼風にするのはわかるんですが、すごいのは皮までちゃんと再現されているようなんですw

そうなると気になるのは味じゃないですか!

そこで、うな次郎の口コミを調べてみたところ、味はさすがにうなぎとは違うという感想が多いみたいですが、タレと山椒をかければそれなりになるようですし、食感はほぼうなぎと言っても過言ではないみたいです(^―^)

そもそも僕は金欠で牛丼屋のうなぎしか食べれないわけですから、同じ金額を払うならうな次郎を2パック買った方がいいんじゃなですかねw

そんなわけで今年の夏はうな次郎を食べてみようと思っているんですが、どこのスーパーでも売っているというわけでもなさそうですし、ネットで買おうにも今現在は激売れで、注文から10日待ちくらいになるんだそうです(;^_^A

しかも送料無料の通販で買えるのは、6パック入2500円だけみたいなんですが、うなぎを買うと思えば安いので買ってみようかを思っています♪

うな次郎 6パック入