うなぎが食べたい!すき家と吉野家ならどちらが美味いのだろう?

今週の月曜日からうなぎが無性に食べたくて仕方ありません!

土用の丑の日が近づくこの時期になるといたるところでうなぎの宣伝をしだすものですから、確実にその影響を受けているんです。

それは毎年のことで、今年こそうなぎを食べるぞ!と思いながら時間が経過していって、いつの間にか食べずに年が明けてしまっているという^^;

20160803unagi

ところが今年はいつもと違って、絶対にうなぎを食べてやるという気合いが違うんで、今週末には死んでもうなぎを食べると心に決めています。

うなぎを食べると言っても、うなぎ専門店の高級天然うなぎを食べるなんてーのは夢のまた夢^^;

貧乏な我が家ではスーパーでパックに入って売られている中国産のうなぎくらいしか食べられません。

スポンサーリンク

でも、家族の中でうなぎが好きなのは僕だけで嫁とセガレはうなぎが食べられません。

なのでスーパーでうなぎを買ってきたとしても、僕だけのメニューになってしまうんです。

それならすき家か吉野家のうなぎを買ってきた方が嫁も楽だし、僕も楽なのでどちらかのうなぎを買う予定です。

でも、うなぎ自体を食べたのは何年前?というくらい食べていないので、すき家と吉野家ではどちらが美味いのかわかりません。

そこですき家と吉野家のうなぎについてネットで調べてみたことを備忘録としてここにまとめておきます。

スポンサーリンク

すき家のうなぎについて

すき家のうなぎ弁当はうまぎが1枚乗った「うな丼」とうなぎと牛丼の具が乗った「うな牛」があります。

うな丼(並)の価格は790円(税込み)

うな牛(並)の価格は890円(税込み)

その他にはうなぎが2枚乗った「特うな丼(1190円)」半熟卵が乗った「うなたま丼(850円)」とろろが乗った「うなとろ丼(910円)」などがありますが、僕がチョイスするのはおそらく「うな牛」だと思います。

吉野家のうなぎについて

吉野家のうなぎ弁当は「鰻重」でうなぎの枚数によって値段が変わります。

鰻重一枚盛の価格は750円(税込み)

鰻重ニ枚盛の価格は1150円(税込み)

鰻重三枚盛の価格は1650円(税込み)

となっています。

まとめ

味についても調べてみたのですが、こればかりは個人の好みの問題なので、どちらに軍配が上がるということはありませんでした。

要は自分の舌で味わってみるのが最も確実なわけですから、今年はすき家と吉野家、両方のうなぎを食べてみようとキヨミズのブタイから飛び降りるつもりで今心に決めました^^

なにしろ「牛丼屋のうなぎの食べ比べ」という大義名分があるので、家族には文句を言わせません!