今さらテレカが必要になるなんてwでも公衆電話以外のテレカの使い道って何?

携帯電話が普及する前は当たり前に使っていたのがテレフォンカード、通称テレカですよね。

テレカが出る前は10円玉が無いと電話できないので、財布には必ず10円玉が数枚入っていましたが、テレカが登場してからは財布のカード入れにテレカを忍ばせておけば、小銭の心配をする必要がないと喜んだものです(^▽^;)

20170828telphone

スポンサーリンク

そして携帯電話が普及しはじめてからというもの、公衆電話自体を見なくなり、それと同時にテレカも見なくなりました。

それからというもの、テレカなんて記憶の中から消えかかっていたんですが、ここへ来て再びテレカに脚光が集まり始めました。

と言っても、世間で脚光を浴び始めたわけではなく、我が家で脚光を浴び始めただけなんですが(^▽^;)

というのは、嫁が入院してしまったからなんです。

病院の中には携帯電話の使用禁止というところもたくさんありますが、嫁が入院している病院も携帯電話の持ち込みも禁止なんです。

一応、スマホを見る時間はあるのですが、1日30分だけという超短時間なんで、メールチェックをして必要な返信をするだけで時間切れになってしまうんです。

なので入院中に連絡を取りたい場合は公衆電話を利用するしかないんですね。

そこで過去の遺産とも言えるテレカが必要になってきたわけです。

病院内でも売ってるんですが、105度が1000円と額面通りの価格で買わなければいけないんです。

スポンサーリンク

需要なんて無さそうなテレカに額面通りの金額を払うなんてアホらしいと思いましたし、ネットで調べれば絶対安くなってるはずと思って調べてみるとやはり安くなってました♪

でも、1枚や2枚では需要が無いためか、まとめ買いが基本で安くなってるんですね。

あとはアイドルやイベントの付加価値が付いたテレカが売ってるくらいだったんです。

仕方ないので、リアルな金券ショップをググってみたら、仕事場に近くに105度が700円で売ってるところが見つかったので、今日3枚購入してきました(^―^)

で、ちょっと疑問に思ったが、大量のテレカをまとめ買いする人たちってどんな使い道をしてるんだろう?ということなんです。

そんなわけでテレカの使い道を調べたところ、換金するとか、寄付するとかありましたが、最も現実的な使い道はNTTの電話料金の支払いに充てるということでしょうね。

未使用のテレカはNTTの支払いに額面通りに使えるということですから、1000円のものを700円で買って支払えば、仮に100000円支払いがあるとすると70000円で済むわけですから、確かにかなりの節約になりますよね

NTTの電話料金を節約したいと思ってる人や企業ならまとめ買いしますね。

残念ながら我が家ではNTTには一切お世話になってないので、まったく必要ありません(^▽^;)