野菜ジュースが意味ないってどーゆーこと?たとえ一つでも意味があればいいんじゃね?

今年に入ってからのことなんですが、なぜか急に野菜ジュースが飲みたくなって、ペットボトル入りの野菜ジュースを飲むようになりました。

20160825yasaijuce

と言っても、僕は野菜嫌いというわけではなく、逆に野菜やフルーツが大好きで、好んで食べています。

ただ、体に必要な栄養素をしっかり摂れているかというと確実に不足していると思います。

そんなこともあり、野菜ジュースが飲みたくなったのは不足している栄養素を補うために体が欲していたからなのかなあなどと思っていました。

スポンサーリンク

ところがひょんなことから、野菜ジュースは意味ないという話を聞きました。

ん?意味ないってどーゆーこと?と思ったので調べてみたところ…

「野菜ジュースは製造過程で加熱するので野菜本来の栄養素がそのまま入っているわけではない。ゆえに野菜の栄養分を摂るために野菜ジュースを飲んでも意味がない」

ということらしいです。

野菜に含まれる栄養素で最も有名なのはビタミンCだと思いますが、ビタミンCは体内で作れないので、どんなに摂取しても体外に排出されてしまうため、毎日補う必要があるというのは定説ですよね。

しかし、野菜ジュースにはほとんどビタミンCは含まれていないという説があります。

次に女性に多いと思うのですが、便通を良くするために食物繊維を摂りたいから野菜ジュースを飲むという場合もあります。

ところが野菜ジュースにはほとんど食物繊維は含まれていないという説があります。

スポンサーリンク

これらの説はどこぞの偉い先生が提唱したことのようで、ある程度の信頼性はあるんだとは思いますが、だからと言って僕が野菜ジュースを飲むのをやめるという理由にはなりませんね。

なぜなら、最初から野菜ジュースだけで野菜の栄養素を摂ろうとは思っていませんから。

実際には加熱しても壊れない栄養素も残っていると思われるわけで、野菜ジュースを飲んでもひとつも意味がないということはありえないんじゃないかな?

まあ簡単にまとめますと「野菜ジュースにどこまでを求めるか?」ということになるんでしょう。

それは個人の裁量ですから、全部まとめて「野菜ジュースは意味ない」というのはちょっと乱暴な論理だと思っています。