おおぎやラーメンの辛味噌ラーメンであえて暑くなってみた!

週末連休の土曜日。

僕の休みの過ごし方はここ数年、日帰り温泉で過ごすというのが定番なんですが、7月から8月にかけてはその回数がめっきり減ります。

その理由は当然「暑いから」ですね。

20160709sun

何年も日帰り温泉に通っているとよくわかるんですが、やはり夏よりも冬の方が圧倒的に日帰り温泉も混んでいます。

寒いとどうしても温泉に入って温まろうという気になるからなんでしょうけど、それは温泉好きの僕もまったく同じです。

スポンサーリンク

日帰り温泉に行かない週末は何をしているかというと朝起きるとすぐにパソコンに向かっています。

で、お昼頃になるとお腹が空くので、嫁と外食するというのがお決まりなんですが、いつもどこに食べに行くかを決めるのに優柔不断な僕は困るんです。

ところが今日は朝からおおぎやラーメンの辛味噌が食べたいと思っていたので、すんなり決まりました。

20160709oogiya

おおぎやラーメンは1ヶ月に一度くらいは無性に食べたくなる時があるんですが、特に暑い日が続くと辛味噌ラーメンが食べたくて仕方なくなります。

寒い時に辛いものが食べたくなるというのは温泉と同じ理屈でわかるんですが、暑い時に辛いものが食べたくなるというのは、一体どういう仕組みなんでしょうか。

スポンサーリンク

ラーメンを待っている間、嫁とそんな話をしていたのですが、暑くなると冷たいものばかり口にしているから、人体の防衛本能でたまには辛いものを食べて体の芯から温まろうとするのではないか。

もしくは暑い日が続くことで体力の消耗が激しくなるから、体がエネルギーを欲しがって、にんにくの効いたものが食べたくなり、にんにく料理の中で印象深いものを思い出させるのではないか。などという結論に至りました。

実際のところはどういう仕組みなのかはわかりませんが、真偽は別として、食べたいと思ったら食べるのが一番体に良いとテレビで言っていたのを思い出しました。

今日は梅雨の中休みでちょっと涼しかったので、スープまで全部飲み干してきましたし、ラーメンを頼むともらえるサービスライスを2杯食べてきましたので、今は体がポカポカでちょっと元気になったような気がします^^