歯のブリッジのため口内大工事中!保険内でも結構な費用がかかるorz

人間誰しも長く生きていれば、いろんなところにガタが出てくるものです。

そうなるとあっちが痛い、こっちが痛いといろんなところに不具合が生じてきて、普通に生活するだけでも結構大変なんですよね。

僕もおっさんになってからは、あちこちにガタが来てるんですが、今全力でメンテナンスをしているのがなんです。

20160714haisya

親も歯が悪かったのもあるようですが、僕は子供の頃から虫歯だらけで、今ではめっきり見かけなくなった“みそっぱ”がチャームポイントでした(^▽^;)

でも大人になって、歯磨きや洗口液できちんとケアをするようになってからは、歯で悩まされることは少なくなったのですが、寄る年波には勝てず、ここ数年で虫歯が増えてしまいました。

それでも元々医者嫌いという人間なので、すぐには歯医者には行かず、虫歯が痛くなってきたら「今治水」でごまかしてきました。

この今治水というのが、すごい効果があって、穴の開いた虫歯に今治水を染み込ませたコットンを詰めるとあら不思議!10分もしないうちに歯の痛みがスーッと消えていくんです。

スポンサーリンク

これは経験した人じゃないとわからないとは思いますが、さっきまで悶え苦しむほど痛かった虫歯がホントに痛くなくなるんです。

今思えば、この今治水の効き目が絶大なのがかえってよくなかったのですが、本来であればきちんと治療しなければいけない虫歯でも痛みが無くなるので、そのまま放置プレイにしてしまうんです。

そのうち、虫歯はどんどん進行してきて、最終的には歯がかけちゃうんです。

そんな歯が左右前後にきれいに散りばめられていたもんだから、だんだんと食べるのにも苦労しはじめて、健康だった歯も虫歯になってしまい新たな痛みが出てきたことから、いよいよ耐え切れずに歯医者に通い始めました。

歯医者の先生に今までの経緯をすべて説明して、これからの治療計画の話をしたのですが、今まで放置しておいたのが仇となって、普通の虫歯治療では治しきれないということで、すべてブリッジ治療をする以外に方法は無いと言われてしまいました。

ブリッジと言うのは、抜けた歯の両側にある2本の歯を使って、無くなった真ん中の歯を補うという治療です。

それでも、これからの人生、虫歯の痛みや食べ物がちゃんと噛めないという状態で生きていくのはイヤなので、治療が必要な全てにブリッジ治療をすることに決めました。

ブリッジをするのは、右上4本、左上4本、左下4本と3ヶ所で12本です。

その治療が始まったのが、今年の3月で神経や根っこの治療、土台作りなどを経て、ようやく今月、右上4本のブリッジが入りました。

スポンサーリンク

貧乏な我が家では、当然、保険内でまかなえる治療なんですが、ここまでかかった費用は事前準備で20000円前後、4本のブリッジで約15000円で約35000円かかりました。

あと左上4本、左下4本が残っているので、35000円×2で最低でもあと70000円くらいはかかる計算になります。

全部合わせると10万円以上になりますが、この金額は保険内での金額ですから、歯の素材と色とかに凝ったら、何十万円もかかるんでしょうね。

「栄光の架橋」ってお金がかかるもんなんですねえ(-_-;)

と言っても、もう虫歯はこりごりですし、残っている歯を大切にしなきゃと思っているんで、全部のブリッジが架け終ったら、真面目に3ヶ月に一度の歯石取りには行こうと心に決めています^^