競輪ネットバンクの口座変更はできない?銀行ごとのアカウントが必要らしい件

12月第3週の土日連休の初日ということで我が家ではいつも通り、日帰り温泉で過ごしていました。

本日チョイスした日帰り温泉は行っている回数が最多を誇る「湯の道利休」に決定!と言っても先週の土曜日も行ってるんで今月は2週連続なんですが^^;

温泉に浸かっている時に「もう今年もあと2週間で終わりかあ」などと考えていたらハッと思い出したのが競輪グランプリ

20161217keirin

僕はギャンブル自体はあまり好きではないのですが、高校生の時に競輪選手を目指して練習していた経験があるので、その苦しさやツラさをわかっているからか?競輪だけはするんです(^―^)

と言っても、開催があるたびにするわけではなく、今年は7月18日9月19日の2回だけ地元の前橋競輪に行っただけです。

実は今年2回も競輪に行ったのは珍しいくらいで、ここ数年は年末12月30日に開催される競輪グランプリしかやっていませんでした。

スポンサーリンク

競輪グランプリというのは、年7回開催されるG1レース優勝者7人と獲得賞金1位2位の2人の合計9人が選出されるレースでその年の最強選手を決めるレースです。

競輪グランプリの優勝賞金はたった5分程度の1レースだけで1億円と超高額賞金なので、普段から稼いでいる一流選手でもさすがに気合いが違うんじゃないですかね^^

もちろん賞金だけじゃなく、競輪選手の最高峰とも言える競輪グランプリ覇者という称号が欲しいでしょうけど。

そんな競輪グランプリは我が家にとっては1年を締めくくる最も重要なイベントとなっていて、毎年12月29日の夜から30日の昼過ぎごろまではずっと予想しています^^;

そんなことを20年以上続けていますが、予想が当たって勝てたのは3回だけという(^▽^;)

それでも我が家にとっては年末の重要なイベントというかある意味「年に一度のお祭り」なので競輪グランプリをやらないことはこれからもありません( ̄^ ̄) ドヤッ!

その競輪グランプリの投票はインターネット投票を利用しているんですが、ネットバンクで一番最初に開設したジャパンネット銀行の口座を競輪ネットバンクに登録していたので、競輪のインターネット投票と言えば、ジャパンネット銀行という道筋が決まっていました。

ところがよくよく考えるとジャパンネット銀行を利用するのは12月30日だけなんです^^;

今はアフィリエイト報酬の振込先のほとんどが楽天銀行になっていることから、メインのネットバンクは楽天銀行になっています。

そこでふと思いついたのが、競輪ネットバンクの登録口座の変更です。

スポンサーリンク

登録口座をジャパンネット銀行から楽天銀行に変更すれば、わざわざ競輪グランプリのためだけの入金をしなくても済みますし、楽天ポイントも付きますからお得なんじゃなかろうか?と思ったわけです。

そこで競輪ネットバンクの登録口座を変更する方法をググってみたんですが、どうやら登録口座の変更はできないらしいんです。

いや正確にはできないんじゃなくて、書類を郵送するなどの面倒な手続きをすればできるのかもしれませんが、そんな手間をかけるだけに理由が無いんですよ。

では、簡単に口座変更するにはどうすれば良いのかというと銀行ごとのインターネット投票アカウントを作る以外に無いようです^^;

つまりジャパンネット銀行で投票するならジャパンネット銀行専用のインターネット投票アカウント、楽天銀行で投票するなら楽天銀行専用のインターネット投票アカウントを作るということです。

同じことをするのにアカウントが2つになるというのはややこしいという場合はひとつの銀行口座を解約して、新しい銀行口座を登録すればいいわけです。

僕はジャパンネット銀行の登録口座は解約はせずに楽天銀行専用のアカウントを作りましたが、メインが楽天銀行である限り、楽天銀行から投票するのがデフォルトになりそうです。

今年はいろんなものが壊れたことから、いろんなことを一新したので、競輪グランプリの投票も心機一転、新しい口座からということで、去年に引き続き勝てるかもしれない!と密かに思ってます♪