自転車のパンク修理料金が高い!でも100均のパンク修理セットがあれば問題なし(^―^)

昨日、どうしようもない成績の通信簿を持って帰ってきたセガレはすぐに友達の家に遊びにでかけ、いつもどおり7時ごろ帰宅しました。

おかえりーただいまーの挨拶の後「お父さん、自転車がパンクした」というのが第一声^^;

3連休の初日が自転車のパンク修理かよっ!めんどくせーなーと思いながら、単純なパンクではなく、チューブ交換しなきゃいけないことを考えて、前輪か後輪か聞いたら「前輪だと思う」という答え。

それを聞いて「あ~良かった」とちょっと安心しました。

20161223pank

というのも自転車のパンクというのは、チューブに小さい穴が開いて空気が抜けてしまう場合とチューブの劣化などで裂けたりして空気が抜けてしまう場合があります。

チューブに小さな穴が開いた普通のパンクであれば、100均で売っているパンク修理セットさえあれば簡単に直せるんですが、チューブに裂けたような穴が開いてしまった場合、修理は不可能なのでチューブ交換になります。

そこで問題になるのが、前輪か後輪かということなんです。

前輪の場合、ボルトを2本はずせばタイヤが外れるんで、パンク修理セットに入っているタイヤレバーとスパナと新品のチューブがあれば交換できるんですが、後輪になるとチェーンやブレーキなどがあるため難しくなるんですね。

工具がそろっている状態で時間をかければできないことは無いとは思うんですが、やはり自転車屋さんに頼んだ方が手間もかかりませんし、なにより安心です^^

スポンサーリンク

数か月前もやはり自転車がパンクしたというので見てみたら、後輪のチューブが裂けていて完全に修理不可能な状態だったので、自転車を買ったホームセンター内の自転車屋さんにチューブ交換をしてもらいました。

数時間後に自転車を取りに行くと当然、ちゃんと直っていたんですが、修理料金にビックリしてしまったんです!?(゚〇゚;)マ、マジ…

後輪のチューブ交換費用は2500円

確かに後輪を外してのチューブ交換となると手間がかかりますが2500円もあれば、日帰り温泉に3~5回はいける金額なのでもったいなく感じちゃうんですよ^^;

その時のことがトラウマになっているので、前輪なら万が一、チューブ交換になっても自分でできると踏んだわけです。

で、今朝になってからタイヤレバーでタイヤを外し、チューブを引っ張り出して、空気を入れ始めたら、そのそばからシューシューと空気漏れの音が!

これだけ大きな音だと小さい穴ではなく裂けてる可能性が高いと思って音のする辺りをよく見てみたら、案の定、バルブの接続部分にしっかり裂け目が入ってましたwww

完全にパンク修理では直らない状態なので、前輪タイヤを車体から外して、裂けたチューブを引っ張り出しました。

その時、後からボルトを止める時に迷わないように一応、取り付け順序がわかる写真を撮っておきました。

20161223tire

取り出したチューブをそのままホームセンターに持っていって自転車屋さんに「これと同じサイズのチューブを」と言って買ってきたのですが、価格は598円!

後輪のチューブ交換は2500円ですが、前輪のチューブ交換は2000円なので約1400円の手間賃を取ってることが判明しました^^;

ちなみに普通のパンク修理は1000円くらいが相場みたいですね。

そしてチューブ交換の作業をし始めたんですが、やりはじめてから20分くらいでチューブの交換は完了しました!

スポンサーリンク

自転車のパンク修理やチューブ交換の作業自体は全体的には簡単なのですが、やはりタイヤをリムからはずすのに多少のチカラとコツがいるので、自転車をまったくいじったことが無い人にとっては難しいのかもしれません。

とはいえ、ある程度、自転車のタイヤの仕組みを知っている人ならタイヤをリムから外す工具のタイヤレバーさえあればできないことは無いと思います。

タイヤレバーは100均のパンク修理セットにプラスチック製のものが入っています。

スチール製では無いので一見おもちゃみたいに見えますが、それでもパンク修理、チューブ交換共に十分、対応できます。

20161223tirereber

セルフチューブ交換でかかった費用は新品チューブが598円、パンク修理セットが108円なので合計706円でできました(^―^)

自転車屋さんに頼めば、2000円かかるところ706円で済んだのですから、約1300円稼いだのと同じですwww

え?なぜそんなに自転車に詳しいのかって?

それは僕が中学時代にサイクリングにハマり、いろんなところをサイクリングで回っていましたし、高校時代には競輪選手になりたいと思って、常に自転車をいじっていたからですよん♪