なぜ年賀状なんか出すのだろう?出さない派からしてみると滑稽でしかない件

ようやく正月休みが決まりました^^;

僕が仕事を請け負っているのは、関西を拠点とする大手運送会社なんですが毎回、長期連休に入る週になっていつからいつまで休みという貼り紙が出されます。

今回は12月30日~1月3日までの5日間しかありません(-_-;)

20161226nengajyo

でもまあ、今年はカレンダーの具合が悪いので一部上場企業でも、5~6日の休みが多いみたいなんで、仕方ないっすね^^;

それはともかく毎年、正月になると思うことがあります。

それは「なぜわざわざ年賀状なんか出すんだろう?」ということ。

昔は正月と言えば、最初にするのが年賀状を見ることでしたし、疑う余地などまったく無く、そうするのが当たり前だと思っていました。

しかし、大人になってから年賀状の意味を考えたら、まったく無意味なんじゃないかと思うようになってからは完全には出さない派になりました(^▽^;)

スポンサーリンク

そもそも年賀状ってのは、何の娯楽も連絡手段も無い時代、正月をのんびり過ごしながら、あの人はどうしているだろうと思いを馳せて、やることは無いのに時間はたっぷりある正月三が日に書くから年賀状って言うんですよ。

それをまだ明けてもいない12月中に「あけましておめでとう」なんて書くなんておかしくないっすかぁ?

さらに元旦に届くように12月25日までに慌てて投函するなんて滑稽すぎて笑ってまうわ(≧∇≦)ノ彡www

しかもそのために年賀状ソフト買って、時間を使ってデザインして、安くないインクを使ってと不経済も甚だしいです。

だいたい年賀状のやりとりだけをしている人って、当人同士の人生になんか意味があるんでしょうか?

そんな人たちはお互いに「付き合いだから」と思っていることがほとんどなんじゃないすかね。

スポンサーリンク

お互い辞め時がわからないから、なんとなく年賀状を出し合ってるなんて滑稽以外の何物でもありませんwww

そんなわけで僕は年賀状出さない派になってから、数年経過しますがこの時期は楽ですよ^^

それでもうっかり年賀状をもらってしまった時は相手を見て、年賀状を返すか返さないかを決めています。

年賀状を返す人は僕の仕事に関係してる人のみなので、それほど多くなくコンビニで売ってる年賀状で間に合いますし、返す時の文面もテンプレート化しているので、何も考えません^^

ちなみにその文面は「早々に賀状、ありがとうございました。昨年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いします」だけです。

仕事関係以外の友達とか親戚とかから年賀状が来てしまった時は一切返しません!

で、電話やメール、LINEなどお礼を言って、それだけで終わりにしています^^

年賀状をもらってもずっと返さないでいるとそのうちあきらめてくれて、相手も年賀状を送って来なくなりますから楽ですよ♪