パーソナルスペースが異常に広いことで困る出来事が多い日でした(^▽^;)

パーソナルスペースという言葉を知ってますか?

パーソナルスペースというのを簡単に説明すると、他人が近くにいると不快感を感じる空間のことです。

このパーソナルスペースは人それぞれ違って、男女で言えば男性は広く、女性は狭いというのが一般的ですが、僕は男性の中でも異常に広いんです(;´∀`)

20170209personal-space

よく友人などと話しているとパーソナルスペースの話になることがあるのですが、その時は「僕のパーソナルスペースは2km!」と言っていますwww

さすがに2kmは冗談ですが、普通の人よりも広いのは明らかです。

パーソナルスペースの定義でまったくの赤の他人との距離を大衆レベルというのですが、その距離は3.5メートルとされています。

ところが僕の場合、たった3.5mでは明らかに“近い”と感じてしまいます^^;

スポンサーリンク

そこで僕のパーソナルスペースはどれくらいなのか?を考えてみますとたぶんですが、5メートル以上はあると思います。

5メートル離れていれば、不快感を感じなくても済むと思うのですが、贅沢を言わせてもらえば10メートル以上あればなお可ですwww

そんな僕ですから、満員電車に乗って仕事に行くなんてえのは1mmも考えられないことですし、そんな理由から1人で仕事ができる軽貨物運送業を開業したようなところがあります。

ところが配達の仕事でも満員電車くらいの不快感を感じることがあるんです。

それはエレベーターなんです!

僕の配達エリアは群馬の高崎なんですが、高崎の中でも駅を中心とした街中なんで、ビルの中の企業に配達することもたくさんあります。

そんな時は当然、エレベーターを使うのですが、時間帯によっては利用者が多くて満員電車並に混んでることがあって、ヒジョーに不快感を感じることがあるんです。

そして今日はあるビルで2基のエレベーターの内、1基が大がかりな点検中で1基しか動いていないんです(-_-;)

スポンサーリンク

そのため1基のエレベーターに乗る人が単純計算で倍に増えるわけですから、パーソナルスペースが広い僕にとってはハッキリ言って地獄です(;´・ω・)

その上、荷物を持っていたりするとその分のスペースを取っているという負い目がありますから、メタボなカラダをなるべく小さくしてヒッソリと乗っていました。

しかもそのビルだけでなく、違うビルではちょうどお昼休みに近い時間だったので、20人乗りくらいのエレベーターがぎゅうぎゅう詰めになっていました( ̄Д ̄;

もうそれだけで1日分のストレスの半分以上は担っているんじゃないかと思うくらいの不快感を感じてしまう1日でした。

そう考えるといくら仕事とはいえ毎日、満員電車に揺られながら会社に通ってるサラリーマンたちってホントに偉いなあと思いますよ。

ただ不思議なことに家族とかわいい女性には、1mmたりもパーソナルスペースを感じませんwww