症状が喉から来たインフルエンザB型…発熱はあるけど高熱ではなく微熱?!

インフルエンザB型が大流行しているという話は聞いていましたが、まさか自分がかかるとは予想外でした(^▽^;)

経緯と説明しますと、まず2月19日の月曜日、普段通り仕事に出掛けたんですが、午後になって喉が痛くなってきたんです。

その痛みはどうも風邪の初期症状に似ていたので、僕の風邪の引き始め対策を始めました。

風邪の引き始めの治し方!喉がおかしいと思ったらこの方法が最強!
記録的な大寒波とやらが日本列島を覆っていやがるせいで、太陽がさんさんと照っている昼間でさえも、冷蔵庫以下の気温というとてつも無い寒さになって...

栄養ドリンクは無かったので、とりあえず喉スプレーを寝るまでの間、何度もシュッシュッしておき寝ました。

翌朝、喉の痛みは治まっていませんでしたが、特にカラダがだるいとかの症状も無かったので、そのまま仕事に行ったんですが、午前10時すぎごろから、足の関節が痛くなり始めたんです。

体温を測らなくても、足の関節が痛くなるということは確実に熱が出始めているお知らせだということは、長年の経験からよくわかっています。

20180222taionkei

スポンサーリンク

それからどんどんカラダがだるくなってきたので、ドラッグストアに寄ってユンケルを3本買って帰り、熱を測ると37.2℃と微熱程度だったのでインフルではないと思ったんです。

その日はユンケルを飲み、喉スプレーをして夕方には布団に入ったんですが、関節痛がひどくてまったく寝られず、翌朝を迎えました。

基本的に仕事は休めないので、そのまま仕事に行ったんですが、喉スプレーをたくさんして、ユンケルを3本飲んだにも関わらず、関節痛とカラダのだるさはまったく収まらなかったので、帰宅後そのまま病院に行ってインフル検査をしました。

検査結果が出るまでの間にとりあえず症状を軽くするための注射を打ってもらって、休んいると先生がやってきて「検査の結果でたんだけどインフルエンザB型ですね。タミフル出しときます。あと4~5日は仕事休んでください。」と言われてしまいました(^▽^;)

20180222infurutamifuru

スポンサーリンク

え、インフル?毎年インフルが流行ってもかかったことなかったのになんで?と思ったんですが、検査結果が陽性だった以上インフルなんでしょうw

インフルになったのはいつぶりだろうと記憶の糸をたぐってみると、2006年の冬だったことを思い出したので、実に12年ぶりのインフルwww

注射とタミフルが効いたのか、昨夜には熱も下がり、関節痛も治まったので、6時間くらいはぐっすり眠れました。

でも、インフルの症状ってのは、まず最初にいきなり38℃以上の高熱が出るってのが定説だったんで、熱が37℃ちょっとという微熱のような発熱なんてあるのか?と思って調べてみたんです。

するとインフルエンザA型は急な高熱が出るようですが、インフルエンザB型は高熱が出ないこともあるようなんです。

喉の症状は人それぞれらしいですが、僕のように喉が痛くなった後、微熱だったら完全に普通の風邪だと思うじゃないすか。

高熱ではないことから、インフルだとは思わずに僕の様に普通に生活をしてしまうことから、感染が広がってしまうという悪循環になってしまうんだそうです。

仕事上でもいろいろ迷惑をかけちゃいましたが、こうなった以上、今日から日曜日までの4日間は堂々と休ませてもらいますよ(^―^)