レトルト食品の賞味期限切れは大丈夫!でもいつまで食べられるんだろ?

嫁が入院した昨年の8月から夕飯は僕が作っていて、10月に退院してからもずっと続けて作っています。

調理自体はまったく問題ないのですが、献立を考えるのが大変なんですね。

で、仕事が忙しかったりするとさすがにおかずを作るのが面倒になることもあり、そんな時はレトルト食品で間に合わせてしまいます(^▽^;)

20180316retoruto

スポンサーリンク

レトルト食品と聞いて最初に思いつくのは、やはりカレーだと思いますが、僕がレトルトカレーが嫌いなんです。

レトルトカレー特有のケーンという感じ?と言ってもわからないかもしれませんが、味にトゲがあるような感じがしちゃうんです。

というわけで、レトルトと言っても我が家ではカレーではなく、パスタソースが多いんです。

昨日も仕事が忙してくて夕飯を作るのが面倒だったので、レトルト食品やら調味料やらが入っているカゴを漁り始めたところ、レトルトのミートソースが出てきたんです。

本来ならパスタを茹でて、ミートソースをかければ出来上がりなんですが、その時はパスタの気分じゃなかったんで、鶏肉を焼いてミートソースをかければ美味いんじゃね?というアイデアが浮かんできたんです。

早速、鶏肉を解凍し始めて、野菜の準備をして、何気なくミートソースの賞味期限を見たら、2017年12月17日となってるじゃないすかw

スポンサーリンク

食品には消費期限と賞味期限があって、消費期限はその名の通り、消費するまでの期限ということで消費期限は過ぎると食あたりをする可能性があります。

それに対して、賞味期限というのはその名の通り、賞味できる期限でメーカーがこの期限までなら味は保障しますよという表示ですから、賞味期限が過ぎたら味の変化があるかもしれないということなんですね。

そのことは知っていたんですが、賞味期限が切れた後、いつまでなら食べられるのかは知らなかったんで、すぐにググってみると賞味期限切れの後、2年間は食べられると法律で決まっているんだそうです!

発見したミートソースは賞味期限が切れてから、3ヶ月しか経ってないので、まったく問題ないことがわかりましたので、鶏肉をソテーしてミートソースをかけただけの料理を作りましたが、家族には美味いと評判でした(´▽`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする