赤い目薬が疲れ目に良いというウワサを検証するために新サンテドウゥゥ~♪

3月最初の土日連休、昨日は日帰り温泉ではなく、カラオケに行ってストレス発散してきましたが、今日は買い物と昼食に出掛けただけで家に帰ってきました。

買い物の途中で薬局の前を通って思い出したのが目薬でした。

ここでも何回かつぶやていますが、僕は疲れ目がひどくて、週に2回くらいは目の奥の痛みや頭痛などに悩まされているんですね。

なので、目薬も毎日さしているのですが、おととい終わってしまったんです。

で、目薬買わなきゃって思い出したんですが、今回買ったのは前々から気になっていた新サンテドウです。

20170305megusuri

そしてなぜ新サンテドウが気になっていたかというと、赤い目薬だからです。

そしてなぜ赤い目薬が気になったかというの、薬液が赤いの目薬は疲れ目に良いウワサがあるからです。

もちろんネットでその効き目などをググってみましたが、実際は賛否両論という感じでホントに疲れ目に良いのかどうかは自分で試す以外にないんですよね。

そんなわけで、赤い目薬を探していたら、新サンテドウが目についたの598円で買ってきたという次第です^^

スポンサーリンク

では、なぜ赤い目薬が疲れ目に良いと言われているのかをおさらいしておきます。

まず、疲れ目というのは、パソコンや読書で眼球を動かす範囲が極端に狭くなると眼球を動かす筋肉の外眼筋が凝ってしまう場合とパソコンや読書で1ヶ所に焦点を合わせ続けていると焦点を合わせる筋肉の毛様体筋が凝ってしまう場合があります。

この2つの原因のうち、毛様体筋のコリをほぐす働きがあると言われているのが、シアノコバラミンという赤い色をしたビタミンB12なんだそうです。

もちろん目薬には他の成分も含まれているので、疲れ目に良い成分がビタミンB12だけということではありませんが、見た目でわかりやすいのが赤い目薬ということです。

このビタミンB12が、ホントに疲れ目に効き目があるのかどうかは毎日、使ってみなければわかりませんので、実験してみようと思います。

スポンサーリンク

そして今までと比べてどうだったかをここで発表するつもりなのですが、それは僕の疲れ目にはどうだったか?僕には合っていたか?を探るもので、決して新サンテドウが良いとか悪いとかを判定しようという話ではありません。

また、赤い目薬は他にもありますが、新サンテドウをチョイスした理由は、どこの薬局でも売っていて入手が簡単だからという単純な理由からです。

ちなみにネット通販で買えば520円前後で薬局よりも、70~80円ほど安いようですが、リアル店舗で買えば送料がかかりませんから、別にくやしくありません(´;ω;`)ウッ…