ダッシュボードに両面テープがつかない時は脱脂が必要!でも何を使えば脱脂できる?

5年7か月乗った車とは今日でお別れです。。。と言っても、特に感傷に浸ることもなく、車屋さんに「んじゃ、よろしく~」と置いてきただけなので、あっさりしたもんですwww

でも新しい車に乗ってきたのではなく、明日、仕事用の営業ナンバーにする手続きがあるので、今日は代車に乗ってきました^^

そんなわけで新しい車のことで頭がいっぱいなのですが、今度の車は今までとは違って、結構、気に入っている車なので、車内の配線をちゃんとしようと思っています。

20161018haisen

今現在、シガーソケットから電源を取っているのは、ナビとドラレコなんですが、今までは配線むき出しでしたし、コードが長くてグチャグチャでした^^;

コードの余っていた部分は丸めてビニールタイという結束グッズで縛っていました^^;

でも今度は車自体を気に入っていますし、大切に乗ろうと思っているので、配線もキレイに処理をしようと思っているわけです。

そのためには車内のダッシュボード部分に両面テープの配線止めを貼り付けなくてはいけないんですね。

スポンサーリンク

ところが、車のダッシュボードというのは、だいたいワックスみたいなのが塗ってあって、その上から両面テープを貼ると貼りつかない場合がほとんどです。

仮に最初は貼れたとしても、時間が経つとはがれて落っこちてしまうということも少なくありません。

それを防ぐにはダッシュボードを脱脂しなくてはいけないということなんですが、今までは貼れなければ他の方法でどうにかするからいいやと思っていたんで、脱脂なんてしたことがなく、脱脂のやり方自体がわからない(;^_^A

そこで脱脂のやり方をググったところ、パーツクリーナー(ブレーキクリーナー)、除光液、アルコール、ジッポオイル、ウエットティッシュなどで脱脂できることがわかりました。

スポンサーリンク

でも、あまり強いものだとダッシュボードのプラスチックが白っぽくなったりするという副作用もあるようですし、そんなことにお金をつぎ込むのはバカげなので、なるべく安くて他にも使えるものという条件で考えたところ、除菌アルコールウエットティッシュにしようと決めました!

除菌アルコールウエットティッシュなら、ホームセンターや100均で売ってますし、他にもいろいろと使い道がありますからね^^

でも、ちゃんと脱脂できるかどうかは今のところ全くの未知数ですwww