飲み会が苦手…その理由は楽しくないからwww克服しようなんて1ミリも思いません!

今日で11月も終わり明日から12月に入りますが、12月と聞いただけでせわしなく感じませんか?

12月になると仕事は忙しくなるだけじゃなく、やれお歳暮だ、やれ忘年会だ、やれクリスマスだといろんなことが目白押しで、平凡な毎日をこよなく愛す僕にとっては迷惑でしかありません^^;

20161130nomikai

と言っても、お歳暮を贈る相手もいなければ贈られるほど世話をしてやっている人間もいないので、お歳暮なんてものはまったく関係ありません^^;

忘年会などの飲み会には一応誘われるんですが、僕は飲み会自体が苦手なんでできれば誘って欲しくないんですよねえ。。。

今の仕事を請け負ってから3年半、今まで3回の年末を迎え、毎年飲み会に誘われていましたが、一度も顔を出しませんでしたwww

断り方は「お酒が飲めないから」と「お金が無いから」というものですべて乗り切りました!

そもそも僕が飲み会が苦手と自覚したのは、最近のこと。

昔は飲み会とかパーティーとか騒ぐことが大好きだったのですが、ある時から騒ぐこと自体がウザいって感じるようになってきたんです。

それでも誘われれば、付き合いだからとガマンして参加していたこともあるんですが、本当にお酒が飲めないし、参加しててもちっとも楽しくないどころか、その場にいること自体に苦痛を感じるようになってきたんです。

スポンサーリンク

そんな状態でも付き合いは大切と思っていたんで、飲み会に誘われれば出来る限り参加するようにしてきたんですが、母親の死をきっかけに自分の心の赴くままに生きていこうと思うようになりました。

飲み会に関して自分の心の赴くままに生きるということは、行きたければ行くし、行きたくなければ行かないということなんで「付き合いが悪い」と言われることも覚悟しました。

幸い僕は仕事をもらってる相手というものがいないので、飲み会に参加しなかったからと言って仕事が減ったり、無くなったりすることが無いのが強みでした。

昔の僕を知っている人たちからしたら変だと思ったのか「どした?」とか「たまには付き合えよ!」とか言われましたが、自分の心に聞いて行きたくないと感じたら、絶対に行きませんでしたから、最近ではお誘い自体が無くなりましたし、仲の良い友人はすべてを理解してくれるようになりました。

人付き合いのことを考えれば、お酒が飲めなくても懇親会という意味で飲み会には参加した方が良いと思いますが、頑なに拒否していれば、そのうちあきらめてくれるもんです。

もしそれで付き合いが終わるようならそれまでの関係ですから、付き合わなければいいだけです。

その代わり“偏屈”というレッテルは貼られますがwww

スポンサーリンク

最近は昔のように会社でも飲み会に参加することを強要しなくなっているようですが、やはり付き合いを考えれば参加しないわけにはいかないという人もたくさんいると思います。

しかし、飲み会が苦手というのは心が勝手に思ってしまうことなので克服なんてできるわけがありませんし、克服する必要もないんですよ。

自分は自分という気持ちをしっかり持って、イヤなら参加しないということ徹底していれば、周りがあきらめてくれますから、それまでは根競べですよw

ただし確実に“偏屈”というレッテルは貼られますがwww

そんな僕も今年の忘年会には参加することになったのですが、その理由は今の仕事仲間とかなり打ち解けてきたことと近くに住んでいる仕事仲間から会費を半額持つから送り迎えしてくれないかと頼まれたからです。

その人はお酒を飲むのですが、飲み会の会場までが遠いので、代行を使ったり、ホテルに泊まったりすることを考えれば、僕の会費を半額持った方が安上がりですし、僕も楽しくもない飲み会に参加するのに会費満額を払うのはバカげなのでしぶしぶといった感じで承諾しました。

まあ、半額持ってくれるならお酒が飲めなくても、会費分を上回るくらい食べることに徹すれば元は取れるかなと思っています(^―^)