ディッキーズのGIベルトのバックルがカッコいい!ブラックとホワイトの2本購入♪

ヤフーショッピングって、何の脈絡もなく突然クーポンをくれる時があるんですね。

いや、なんかのきっかけがあるのかもしれませんが、それがなんなのか?僕にはわからないだけかもしれません(^▽^;)

今まで4~5回くらい777円引きクーポンや500円クーポンをもらったのですが、今回は自分で500円引きのクーポンをゲットしたことから、何か買わなきゃ損だという気になっちゃったんですねw

まんまとヤフーショッピングの術中にハマった感もありますが、ちょうどベルトが欲しかったので探してみました。

20180307gibelt

スポンサーリンク

最初はレザーベルトを探していたんですが、若い時と違って最近の休日にはゴムのズボンを履いていることがほとんどなので、実用性を考えたらGIベルトの方がいいかもと思い直しました。

GIベルトというのは、キャンパス地のベルトを金属のバックルに通して締めるタイプのもので、元々は作業着用のベルトでした。

しかし、いつのころからか若い人たちがするようになり、普段着の時でも使われるようになり、最近ではガチャベルトなどと呼ばれて女性のファッションアイテムにもなっていました。

僕も中学生のころからGIベルトをしていましたが、大人になるに連れてダサいと思うようになり、一時期はGIベルトはしませんでした。

ところがスノボがはやり始めた頃、スノボ用のパンツのベルトに長めのGIベルトをするというファッションが流行り、その頃から僕も再びGIベルトをするようになったんです。

それからはGIベルトを頻繁にするようになったんですが、ベルトとしての使い勝手を意識してみると、キャンパス地ってのはヒジョーに丈夫で何年使っても切れませんし、太っても痩せてもベルトに穴を開けて調節する必要もありません。

しかも普通のお店でも数百円くらいで買えますし、100均なら108円で買えるという価格の安さも魅力ですから、コスパと実用性を考えるとベルトとしてはパーフェクトなんじゃないかと思うんです。

スポンサーリンク

ただ安いGIベルトはバックル部分がどうしても安っぽくなってしまうんです。

そこだけがデメリットだったんですが、リーバイスやエドウィン、コンバースなどの有名ブランドからもGIベルトが発売されていて、バックル部分にロゴが入っているものならちょっとカッコよくなりますよね。

そこで有名ブランドから発売されているGIベルトを探してみたんですが、一番カッコよかったのがディッキーズのバックルでした。

ディッキーズはアメリカのワークウェアブランドですが、スケボーをやっている人たちの間では不動の人気があるブランドです。

特にチノパンは種類も豊富で太目の人でもダボって履けるデザインもカッコいいので、僕もチノパンだけはディッキーズのものしか履きません。

そんなディッキーズのロゴが入ったバックルがめちゃくちゃカッコよかったので、2種類のデザインのバックルでブラックとホワイトの2本買ってしまいました。

価格は1本税込972円(送料無料)で2本買ったので1944円でしたが、500円引きクーポンを使ったので1444円になり、1本あたり722円で買えました!

あとGIベルトに求めるのは長さで、メタボな僕はその辺で売られているものだと短くて困るんですが、ディッキーズのGIベルトは120~130㎝の長さがありますので、メタボの僕でも余裕で着用できるのもありがたいですw