関東から一番近い島ってどこ?群馬から移住するならココでもいいんじゃね?w

24時間テレビを見ると、あぁ、夏が終わる…と感じてしまうのは僕だけでしょうか?…

いくら猛暑日が続いていて、嫌気がさしてきていたとしても、夏が終わり=人生が終わり、というくらい夏が終わるのが寂しく感じてしまいます(^▽^;)

そうなるといつまでも暖かい南の島に早く移住したいという気持ちが強くなってくるんですが、歳をとったせいか?沖縄移住が夢だった僕が最近、沖縄じゃなくてもっと関東から近い島に移住するのもいいなと思い始めたんですw

20180826niijima

スポンサーリンク

若い頃なら絶対に日本の南の島の最高峰、圧倒的な楽園リゾート気分が味わえるの沖縄に移住するんだ!とやる気満々でしたが、セガレの1人立ちが見えてきたり、嫁の精神的な病のことを考えたり、いざという時の群馬との行き来を考えるとと群馬からかなり離れた沖縄に移住するのは相当なエネルギーが必要だなと感じ始めました。

とはいえ、腐るほどのお金があれば、群馬との行き来も気合いさえあればいいわけですし、移住してもダメだったら戻ってくればいいやと思えるんですけどね。

それでも海無し県の群馬に住んでいる限り、散歩がてらに気軽に海が見るという生活ができないわけですから、僕の心が癒されることがありません。

そこで群馬との行き来も楽で、思う存分、南の島の楽園気分が味わえて、関東から一番近い島ってどこだろう?ということが気になりググってみところ、伊豆七島だということが判明しました!

伊豆七島は大島、利島、新島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島の総称でいずれも東京都に属している島です。

伊豆七島の中で東京から最も遠い八丈島でも東京からの距離は287kmと群馬から新潟への往復くらいしかないんですが、緯度がかなり南下するので完全に南の島です。

どの島も有人島なので移住も可能なんですが、簡単に各島のことを調べた結果、移住するなら新島がいいかもと感じました。

スポンサーリンク

その理由は東京からの距離が約150kmと群馬から新潟までの距離しかないにも関わらず、伊豆七島の中でも最も長く美しいと言われていて、約7kmにもおよぶ羽伏浦海岸が望めることや水着着用ですが24時間無料で入れるオーシャンビューの露天風呂『湯の浜露天温泉』があることです。

アクセスも東京竹芝桟橋から高速ジェット船で約2時間40分、調布飛行場から飛行機で約40分という近さも魅力!

料金は高速ジェット船で片道約9000円、飛行機で片道約15000円とちょっと高めですが、なにしろ離島ですからそれは仕方ありませんね。

群馬から東京竹芝桟橋まで約2時間なので、乗り換え時間を入れても6時間もあれば群馬から行けますし、群馬から調布飛行場までも約2時間ですから乗り換え時間を考えても3~4時間くらいで行けます。

あれ?待てよ?高速ジェット船の6時間なら沖縄でも変わらないで行ける時間じゃん(^▽^;)

さらに新島の年間平均気温は17.7℃と沖縄の年間平均気温23.1℃と比べると5℃も低いじゃん…それならやっぱり沖縄の方がいいかもしれん(^▽^;)