カチャトラ作った!でもオーブントースター対応の耐熱容器が無いのでアレで代用♪

ここのところ毎日料理のことについて書いていますが、今日も料理の話です(^▽^;)

先週の月曜日にホールトマト2缶を使って、簡単なトマトソースを作りました。

その翌日の火曜日には辛口トマトスープのパスタを作ったんですが、残ったトマトソースは冷凍しておきました。

今日の夕飯はそのトマトソースを使ってカチャトラを作ることにしました。

20171112chikintomato

スポンサーリンク

一般的にカチャトラというのは鶏肉のトマト煮の別名なので、略してチキントマト煮と言う場合もあります。

作り方を一言で言うとその名の通り、鶏肉をトマトやトマトソースで煮込めばOKなんですが、そのまま食べる場合と耐熱容器に入れてチーズを乗せてからオーブンで焼く場合があります。

僕はカチャトラと言えば、断然チーズを乗せて焼く派なんですが、チーズが苦手な嫁はそのまま食べる派です。

そんなわけで今日は2種類のチキントマト煮を作ることに。

まず、冷凍しておいたトマトソースを自然解凍しておき、1枚の鶏ももを4等分にしたものを皮側から焼き始め、焼き色が付いたら裏返して、解凍したトマトソースと水を適量入れて、30分ほど煮込めば出来上がりです。

それをそのままお皿に盛り付ければ焼かないチキントマト煮となりますから嫁の分をお皿に盛った残りを耐熱容器に入れてチーズを乗せてオーブンが無いのでオーブントースターに入れてチーズが溶ければカチャトラです。

ところがここでオーブントースターに対応している耐熱容器が無いという大問題が発覚しました。

スポンサーリンク

最初は焼かないで食べようかとも思ったのですが、もうすでに口の中がチーズとトマトソースのコラボを食べる準備ができてしまっていたので、どうしても焼いたカチャトラが食べたいんです(^▽^;)

そこで耐熱容器の代用になるものを探したのですが、既存のお皿では危険と判断して最終手段としてアルミホイルで耐熱容器を作ることにしました!

作り方はヒジョーに簡単でまず適当な大きさのお皿にアルミホイルを巻き付けて形を整えれば出来上がりw

アルミホイル1枚ではちょっと頼りないので3枚重ねにしてからチキントマト煮を入れてとろけるスライスチーズを2枚乗せてオーブントースターへGO!

チーズに焼き色が着いてきたら、下皿を用意してアルミホイルを取り出せばカチャトラの出来上がり♪

20171112kacyatora

今回はアルミホイルでしっかり耐熱容器の代用ができましたが、次回のためにグラタン皿を買ってこようと決意しましたw

ちなみにトマトソースの作り方はそのうちここで公開しようと思ってます(^―^)