群馬・関越道の水上ICからたった3kmで5分で行けるスキー場《ノルン》は近くて便利!

毎年冬に何度か来やがる南岸低気圧と上空の寒気のせいで、渋川は今シーズン初めてのしっかりした雪が降ってます(-_-;)

寒いだけでもストレスなのに、雪が降って道路に積もったりすれば、ストレスが倍増してしまうんで、ホントに冬は大嫌いです!

今日も雪が道路に積もる前に帰ってこようと、大した売上も無いのにめちゃめちゃ忙しく仕事をこなしての帰り道、フロントガラスにぶつかってくる雪を見ていたら、若い頃によく行ったスキー場を思い出してしまいましたw

20180122nornminakamiskijyou

スポンサーリンク

僕はスキーもスノボも一応、経験者なので群馬県内のスキー場は結構いろんなところに行っています。

スキーは小学校1年生の時、母親の知り合いのスポーツ店の人に勧められて、初めてスキー道具を買ってもらって始めました。

それから1~2年はスポーツ店の人に連れて行ってもらって、スキーの扱い方や滑り方などを教わったので、ある程度は滑れるようになりました。

しかし、大きくなるに連れ、だんだんと行かなくなり、スキー道具もタンスの肥やし状態になってしまいました。

そして再びスキーに目覚めたのが、車の免許を取った18歳ごろからで、20~23歳くらいまでは、冬の休日は毎週スキー場に行っているという状態でした。

それも飽きてきたころ、スノボが流行り出し、スキーと比べるとカッコいいという理由だけでスノボを始めたのが、27歳くらいだったと記憶していますw

それからはスノボにハマり、やはり冬の毎週末はスキー場に行くという状態になったんですが、30歳も目前になるとスキー場に行くこと自体がめんどくさくなってきちゃうんですね(^▽^;)

スノボはやりたい!でもスキー場まで運転していくのはメンドウ…というジレンマに陥っちゃったんですw

スポンサーリンク

そんな時、関越道のICから一番近いノルン水上スキー場ができたんです!

群馬県内のスキー場は水上方面、片品方面、嬬恋方面にあるんですが、僕が住んでいる渋川から一番近いのが水上方面のスキー場なんです。

でも、関越道の水上ICを降りてから、結構な距離を走らなければいけなくて、渋川からですと高速道路に乗っている時間よりもスキー場まで行くまでの時間の方が長くなってしまっていたんですね。

ところがノルン水上スキー場は関越道の水上ICからたった3kmの場所に位置しているので、スキー場までの道に雪が無ければ水上ICから5分着いちゃうんです!

スノボはやりたい!でもスキー場まで運転していくのはメンドウ…という僕にとって、水上ICから5分で行けるというのはまさに救世主でしたw

だって、渋川ICから関越道に乗ってしまえば30分くらいでスキー場に着いちゃうんですよ?!

ノルンを知ってからは、休日の朝、目覚めた瞬間に「あ、スノボの練習に行ってこよ♪」と思いつき、よく1人でノルンまで行ったものです。

30代後半になってからは体力も落ちてきたことから、スキーもスノボもやらなくなってしまいましたが、今日の雪を見たことであの頃のワクワク感を思い出しました(^―^)