カー娘《そだね~ジャパン》大活躍♪一度でいいからカーリングをやってみたい!

約2週間続いていた冬季ピョンチャンオリンピックが終わってしまいました(ノД`)

若い頃はなんとも思わなかったオリンピックですが、年齢を重ねるごとにそのおもしろさに気付いちゃって、オリンピックが始まるとテレビにくぎ付けになります。

もちろん今回のピョンチャンオリンピックも日本選手が出る競技で仕事が終わってから見られる競技はほとんど見てしまいましたw

特に印象に残っているのは、スノボとスピードスケート、スキージャンプ、カーリングなんですが、実は僕、冬のオリンピックで一番おもしろいと思っているのがカーリングなんです!

20180227carring

スポンサーリンク

僕がカーリングを見て、初めておもしろいと感じたのは2010年に行われたバンクーバーオリンピックでした。

その当時、カーリングなんかまったく興味もありませんでしたし、派手でスピード感のあるスキーやスノボ、スケートなどと比べるとカーリングはおとなしくて地味な印象しか持っていませんでした。

ところがウチの嫁はスポーツ観戦が好きで、おもしろいテレビが無いとルールなどを知らなくてもスポーツを見ていることがよくあるんですね。

バンクーバーの時も嫁がカーリングを見ていたことから、何気なく見始めたんですが、最初は漬物石みたいなのを氷の上で転がしてどうするんだ?などと誰もが思うようなことを思っていたんですね(^▽^;)

それが試合を見ている内に徐々にルールがわかってきたことから、あまりのおもしろさに毎日テレビで放送するのを楽しみにするようになってしまったんですw

2014年のソチオリンピックの時はいろいろと忙しかったりで、他の競技はほとんど見れませんでしたが、カーリングだけはちょこちょこ見ていた記憶があります。

スポンサーリンク

そして今回のピョンチャンオリンピックは生活も落ち着いているし、お隣、韓国での開催ということでゴールデンタイムに中継が見られるということも手伝って、カーリングがゆっくり見られると思っていました。

と言っても、カーリングでメダルを期待するとかそんな気持ちを持っていたわけではなく『氷上のチェス』と例えられるだけに、ただ純粋にゲームとしてのおもしろさを見たかったんですが、カーリング女子の予想以上の活躍で予選のほとんどと銅メダルまでしっかり見させていただきました。

あまりの過熱ぶりにネット上ではオリンピック終了後もカーリングの文字を見ない日がありませんが、呼び方も『カー娘』とか『そだねージャパン』とかいろいろあって楽しいですよね♪

確かに試合中のメンバーの会話に出てくる『そだね~』にはつい笑ってしまって、我が家では夫婦で会話するたびに「そだね~」を連発していましたw

カーリング女子がメダルを取ったおかげで女子に注目が集まっていますが、僕はちゃんと男子の予選もしっかり見ていましたよ。

これだけカーリングを見ていると一度でいいから自分の手でストーンを投げみたい!自分の手でスイープもしてみたい!と思ってしまうものですよね(^▽^;)

まあ、このカーリングブームをきっかけに手軽にできるようになってくれるかもしれませんから、期待してもいいかもしれませんねw