ワイモバイルを解約して楽天モバイルに乗り換える準備開始と節約できる金額!

昨年の8月に決意してから7ヶ月、ようやくワイモバイルを解約して楽天モバイルに乗り換える時期が来ました!( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ

2年縛りが終わり、スマホの残債も無くなる3月になったらすぐに解約しようと思って、ワイモバイルに電話したんですが、オペレーターが『もう3月分の料金は払うことになりますし、データ容量もいっぱいありますので、月末近くになってからの方がお得ですよ』という提案をされました。

ワイモバイルのプランSは日割り計算できない!MNPするなら月初めは損なので月末にしよう!
3月になりワイモバイルの2年縛りが終わったことから早速MNP予約番号を発行しようと思ったんですが、昨日は時間切れでできませんでした。 ...

よくよく考えれば確かにその方が断然お得ですし、僕がデータ容量を使い切って通信制限が来るのが毎月20日前後なんですが、昨日めでたく?通信制限が来たことから明日か明後日には解約手続きに入ります♪

20180320sim

スポンサーリンク

ということで、ここでもう一度ワイモバイルを解約して楽天モバイルに乗り換える準備とその後の月額費用を計算しておきましょうw

まず事務手数料を無料にするために楽天モバイルのエントリーパッケージを購入します。

楽天モバイルのエントリーパッケージはアマゾンでしか売ってないので、先ほどアマゾンで家族3人分を購入しました。

費用は342円×3=972円+送料350円で合計1322円でした。

普通に申し込めば事務手数料3665円×3=10995円かかるところ、1322円で済むわけですから9673円もお得です♪

その代わり、初月の月額費用無料という特典が無くなります。

僕が使おうと思っている楽天モバイルのプランは通話SIMの3.1GBプランで月額1600円のプランで、3回線ですから税込5184円。

それにエントリーパッケージ代1322円を足すと6506円となりますが、普通なら10995円かかるわけですから4490円も節約できますね。

最大に節約するのであれば、月末まで待ってからワイモバイルを解約してMNP予約番号を発行してもらって、月が変わった月初めに楽天モバイルに申し込めば、9673円丸々節約になります。

しかし、ギリギリにしてうっかりワイモバイルの月額料金が発生してしまったら?MNPでゴタゴタしてしまったら?など想定外のトラブルが無いとも限りませんので、金額的には損ですが多少の余裕を持った方がいいのかなと思ってます。

スポンサーリンク

最後にこの乗り換えでかかる費用を計算しておきましょう。

まずワイモバイルの解約とMNP予約番号発行手数料が1台3000円×3台=9000円+消費税720円=9720円

次にエントリーパッケージが342円×3=972円+送料350円=1322円

そして楽天モバイルの月額費用が1600円×3台=4800円+消費税384円=5184円

さらに家族でデータ容量が分け合えるデータシェアというオプションを申し込むつもりで、それが月額100円+消費税8円=108円

すべての合計金額は16334円となり、1台あたり約5445円かかるということになりました。

後は9月に契約した月額1020円の050データSIMの解約ですが、15日過ぎの解約は来月以降になってしまうので、来月の15日までに解約すればOKです。

これで5月からは月額5292円+多少の通話料金となりますので、今現在のワイモバイルでの3台約8000円よりも2000円以上は安くなるはずですw