クイックペイにコイン型やキーホルダー型があったのか!これは便利と思いきや…

昔は買い物をすると言えば、現金を用意するのが当たり前でしたが、今ではクレジットカードなどがあれば現金がなくても買い物ができます。

もちろん僕もクレジットカードは何枚か持っていますが、主に使うクレジットカードはエネオスカードです。

仕事が車を使う仕事なので、ガソリン代はクレジットカードを利用して後払いをしているのですが、最近、ちょっと疑問に思ったことがあったんです。

それがクイックペイなんです。

20180412quicpay

スポンサーリンク

クイックペイという名前は聞いたことはありますし、買い物をするときにかざすだけで支払いができるものということはわかっていたんですが、僕にはデビットカードとクレジットカードがあるので、わざわざクイックペイを使う必要もないと思ってたんです。

ところが最近、普段使うガソリンスタンドを変えたんですが、そのガソリンスタンドでの支払いがクイックペイだということを知ったんです。

それまで使っていたガソリンスタンドでは、エネオスカードを挿入したんですが、違うガソリンスタンドでは、読み取り機にかざすと「クイックペイ♪」と言っていることに気付きましたw

そこでエネオスカードでクイックペイができるってどゆこと?と今さらながら疑問に思い始めました(^▽^;)

調べてみるとエネオスカードの裏側にクイックペイのマークが入っているので、クレジットカード一体型のクイックペイだということが判明したんです。

なるほど~だからガソリンスタンドによって、クレジットカードとクイックペイと支払い方法が変わることがあるんですねw

そのことがわかったのはいいんですが、クイックペイのことを調べている時に衝撃的な事実を知ってしまいました。

それがクイックペイにはコイン型とキーホルダー型があるということなんです!

スポンサーリンク

コイン型というのは、500円玉よりちょっとだけ大きいコインの形をしたクイックペイで、写真を見る限り、オセロの駒みたいなイメージですw

キーホルダー型というのは、その名の通り、キーホルダーになっているクイックペイのことでした。

これを知った瞬間「おぉ~!これならガソリン代のためだけに持ち歩いているエネオスカードを持ち歩く必要が無くなるじゃないか!ぜひ欲しい!」と思ってしまったんです。

そこでコイン型のクイックペイの申し込み方法を調べたところ、JCBで作れることがわかったので、申し込みページからエネオスカードの番号を入力したら「エラー:このカードは登録できません」と出てしまいました。

どうやらエネオスカードでは、コイン型のクイックペイは登録できないようなんです…

それならキーホルダー型だ!ということで調べてみるとスピードパスプラスというものだと判明したので、詳しく見てみるとエッソ、モービル、ゼネラルでの給油に使えるだけで、エネオスでは使えないことがわかりました…

せっかくすごく便利なアイテムだと思ったのにエネオスカードではどちらも使えないんです(ノД`)

いつかはエネオスでも対応するかもしれませんが、いつになるかわかりませんし、ならないかもしれませんので、コイン型クイックペイのためだけに新たにJCBカードを作ろうかと考え中です(^▽^;)

コインはコインでも僕にとってはビットコインよりもクイックペイコインの方がよっぽど便利ですからw