エネキー(Enekey)を使ってみた!我が家のキャッシュレス生活の必須アイテムに決定!

キャッシュレス化は数年前から僕のマイブームです。

ということで前回に引き続き、今回もキャッシュレス決済の話題なんですが、スマホ決済のほにゃららペイの話ではありません。

セブンとファミマもか!スマホ決済めんどくさいのにペイだらけw
消費税が10%になったことをわかりにくくするための目くらまし作戦のひとつとして、国が必死に進めているキャッシュレス決済。 キャッシュレ...

今回はめんどくさい上にセキュリティが弱すぎるほにゃららペイと比べると簡単すぎるくらい簡単に給油することができるエネキー(Enekey)という決済ツールについての話です。

この記事を読むとエネキーについてのいろいろがわかります。

群馬県民にとって車は生活になくてはならない道具ですが、さらに僕にとっては車を乗るのが仕事なので、生活そのものと言っても過言ではありません。

その車と切っても切れないのがガソリンで、2日か3日に1回は給油の必要がある仕事をしている僕はクレカでの支払いは当たり前なので、よくよく考えるともうかれこれ20年以上キャッシュレス生活をしていましたw

スポンサーリンク

しかし、もともと荷物を持ち歩くのが嫌いな性質の僕は仕事に行く時くらいはわずらわしいクレジットカードや財布を持たずに済ませられないものかを考えては試行錯誤していました。

そして2018年秋、楽天Edyストラップとクイックペイを使うことで仕事に行く時はスマホだけを持っていくという理想的なキャッシュレス生活に辿りつきました。

財布を持ち歩かない生活の第一歩は楽天edyストラップ!我が家のキャッシュレス化計画
消費税が10%になることから、ようやく日本でもキャッシュレス化のさざ波が起き始めていますよね。 モノを持ち歩くのが嫌いな僕にとってキャ...

キーホルダーに付けた楽天Edyで昼飯を買って、スマホケースに入れたクイックペイでガソリンを入れるというキャッシュレス生活はヒジョーに身軽で快適でしばらくは満足していました。

ところがある時、キーホルダーに取り付けておけば、かざすだけで給油ができるスピードパスという決済ツールを知ってしまったんです。

スピードパスがあれば、キーホルダーとスマホと運転免許証だけを持てば仕事に行けると思い付きました。

これは試してみなければという思いにかられて、わざわざ隣町のエッソまで行き、スピードパスを作ったのですが、よくよく調べてみるとウチの近くでスピードパスを使えるところが一軒も無かったというオチ(^▽^;)

エネオスでもキーホルダー型クイックペイのスピードパスプラスが利用できると思いきや…
消費税が10%になることから、国を挙げてキャッシュレス化を進める動きが出てきていますが、デビットカード信者の僕にとっては、おせーよ!とツッコ...

その時にいろいろ調べたところ、2019年7月にはエッソ、モービル、ゼネラルが完全にエネオスと統合完了し、エネオスで使えるエネキーという新しい決済ツールができるということを知りました。

それから8ヶ月経った2019年6月後半、スピードパスからエネキーへの切り替えがWEBで簡単にできることを知り、すぐに切り替え申請をしました。

そして2019年7月6日、とうとうエネキーが届きました!

大きさはこんな感じです。

キーホルダーに取り付けました。

エネキーとは

エネキーというのは、エネオスのセルフ式ガソリンスタンドで使える非接触型の決済ツールです。

クレカと紐づけることでガソリン代の決済ができるようになり、給油機の読み取り機にエネキーをかざすだけでガソリン代の支払いができます。

すでに持っているクレカで連携できるので、新たにクレカを作る必要もありません。

エネキーのメリット

ではエネキーにはどんなメリットがあるのかを完全に僕の独断と偏見で考えてみます。

  • 給油時の決済がめっちゃスピーディーでラク!
  • 現金やクレジットカードを持たなくてもよい!
  • 車の鍵と一緒なので忘れたり無くしたりの心配も少ない!

この3つが僕が思う最大のメリットですね。

そしてエネキーと使うとガソリン代が割引になるとか経済的なメリットは一切ありませんw

ただし、7月末までに新規でエネキーに申し込むとクオカードがもらえるとかガソリン1年分無料などのキャンペーンはやっているみたいです。(参照

あとは盗難補償が付いていることや年会費無料などはメリットと言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

またTポイントとの連携もできるのですが、僕が使っているエネオスカードでは連携できませんでした。

連携できるカードは限られているみたいなので、どうしてもTポイントと連携したい人はどのカードがダメなのかを公式サイトで確認してみてください。

エネキーを使ってみた!

待ちに待ったエネキーですから、その使い勝手を知りたくて早速、給油をしてきました。

いつも行っているガソリンスタンドに行くと、給油機に『Enekey』のステッカーが貼ってあり、タッチパネルにも『Enekey』と表示されていました。

タッチパネルのEnekeyをタッチして、読み取り機にエネキーをかざすと給油できる状態になりました。

あとはいつも通り、給油して終了です。

予想通り、スピーディーですし、簡単で便利でした。

まとめ

今まではクレカ一体型のクイックペイをスマホの背面カードケースに入れた状態でかざしていましたので、かざすモノが変わっただけで、他には何も変わりありませんが、クレカを持ち歩いてる時の紛失したらどうしようといった不安が無くなった分、心が軽くなった気分ですw

あとは運転免許証が電子化してくれて、スマホアプリやキーホルダー型になってくれれば、キーホルダーとスマホだけ持っていればすべての用が足りるという完璧なキャッシュレス生活にになるんですけどねぇ~