windows7をリカバリした後に来る膨大な更新プログラムの時短方法ってある?

去年の3月に10000円で購入した中古ノートパソコンが最近、調子悪いんです。

と言っても、使えなくなるとかいうのではなく、ちょっと動作が遅くなったというのが気になるんです。

そこでリカバリをしようと思ったんですが、中古で買ったパソコンの場合のリカバリをするというのは、OSの再インストールとかではなく、購入時の状態に戻るというのがほとんどです。

購入時の状態に戻るのはいいんですが、困るのがその後のアップデートの更新プログラムなんです。

20180417recabari

スポンサーリンク

リカバリをすると購入以降にアップデートした更新プログラムもぜーんぶリカバリされちゃうんで、再度、アップデートしなくちゃいけないんです。

リカバリ後の更新プログラムが10個や20個ならまったく気になりませんが、だいたい200個以上という膨大な数の更新プログラムがあるんです。

それでも時間さえかければちゃんと更新できるならまだ良くて、更新プログラムの確認途中で動かなくなってしまうなんてこともあって、そうなってしまったらもうアウトです。

以前、リカバリをした時はこの状態になってしまったことがあるんですが、どうにもできないんでそのまま放っておいたら、いつかは終わるだろうと考えたんですけど、24時間以上経っても終わらずに、もう壊れてもいいや!と思い、強制終了してこともあります。

幸い、パソコンは壊れませんでしたが、そんな経験は二度としたくないので、アップデートにかかる時間を減らせる方法はないものかを調べてみました。

スポンサーリンク

その結果、windows7のリカバリ後の更新プログラムで時間がかかって困るという人は多いようで、いろいろなサイトで説明されていました。

どのサイトでも、ロールアップ更新プログラムなどの特定の更新プログラムを先入れしておくことが時短に繋がると説明していますが、困ったことにアップデートも日々進化しているようで、以前はこれを先入れしとくといいと言われていたものが、先入れ不要となっていたりします。

当然、最新の情報を知りたいわけですが、そもそも時代はwindows10になっているわけすから、今さらwindows7のリカバリのことを説明しても需要なんてないんでしょうね(^▽^;)

そんな面倒なことをするくらいなら、windows10搭載の安い中古パソコンを買っちゃった方が手っ取り早いんですw

しかし、我が家のビンボーは筋金入りですから、どんなものでも完全に壊れて使えないという状態になるまでは使い続けたいんで、血眼になって調べた結果、参考にしてみようと思うサイトがいくつかありましたので、ここに掲載しておきます。

ぼくんちのTV別館ナウいプログラマパソコンりかばり堂本舗

どこのサイトも有益な情報が書かれているんですが、今回は最新の情報と思われるここに書かれている通りにやってみようと思っています。

ただいくら時短になるとは言っても、リカバリ自体に気合いが必要ですから「よし!リカバリやったるぞ!」という気持ちになるまで、まだ時間がかかりそうなんで、いつになるかは不明ですw