アマゾンバーチャルダッシュはダッシュボタンよりも登録できる商品が多いのが魅力!

プライム会員になってアマゾンダッシュボタンという便利なボタンがあることを昨日、初めて知りました。

アマゾンダッシュボタンって便利そう!プライム会員になって初めて知ったw
アマゾンプライム会員になってから丸1ヶ月が経過しました! つい3日ほど前にアマゾンから『もうそろそろプライム会員の30日間無料体験が終...

ダッシュボタンは130種類以上あり、無くては困るものをワンタッチで注文できるのがダッシュボタンの魅力ですが、我が家では定期的に注文したいもののダッシュボタンは今のところありませんでした。

ところがアマゾンバーチャルダッシュなら、我が家でというか、僕個人にとって必要なものが簡単に登録できることがわかりました!

20180603virtualdush

スポンサーリンク

バーチャルダッシュというのは、物理的なダッシュボタンをパソコンやスマホの画面に表示するもので、機能的にはダッシュボタンとまったく同じで登録してある商品をワンタッチで注文できるものです。

子供やペットがいない我が家で無くなって困るもので、ワンタッチで注文したいものと聞いて思い付くのは、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、それと洗濯洗剤、食器洗剤くらいですが、そういう日用品はネット通販だとどうしてもちょっと高くなってしまうんですね。

それを踏まえた上で我が家でバーチャルダッシュが使えるものは無いかを考えてみたら、家で使うものではなく、僕が使うもの、僕が管理しているものがありました。

それは乾電池でした。

乾電池は無くては困るものですぐに必要な物なのに、うっかり忘れてしまう物でもあることから、バーチャルダッシュに登録できたら便利だなと思って探したところ、アマゾンベーシックの単三と単四の乾電池がリアル店舗との価格差も大してないものを見つけたのでバーチャルダッシュに登録しておきました。

※アマゾンベーシックの乾電池はダッシュボタンもありますが、今現在は取り扱っていないようです。

その思考で考えていくといろいろなものが思い浮かんできました。

まずは僕用のシャンプーとボディソープ、嗜好品類などがあったので、バーチャルダッシュに登録できるものを登録しておきました。

ただ同じ会社の商品を2種類以上、登録するとぱっと見では見分けが付かないので、これじゃ何を注文するのかわからないと思い、調べてみると『ラベルの変更』で表示する文字を変えられることがわかりました。

ラベルを自分が一目見てわかるものに変更しておけば、そのボタンをクリックもしくはタップするだけで、翌日には商品が届くわけですねw

スポンサーリンク

バーチャルダッシュへの登録の仕方はヒジョーに簡単で、登録できる商品はアマゾン内にある商品で『prime』という表示があるもので、右側の『カートに入れる』の下に『バーチャルダッシュに追加する』というボタンがあるものなら、なんでも登録できます。

欲しい商品ページを開いて、このボタン↓

20180603virtualdushnituikasuru

をクリックまたはタップすれば、バーチャルダッシュの出来上がりです。

バーチャルダッシュの確認は『ボタンの管理』や『バーチャルダッシュの管理』を見れば簡単に確認できます。

ダッシュボタンは入手するのに500円かかりますが(初回注文時に500円割引になるので実質無料)バーチャルダッシュはパソコンやスマホを開くというアクションは増えるものの、無料で利用できるだけでなく、ダッシュボタンには無い商品も登録できるのはかなりの魅力だと思いました♪

バーチャルダッシュを利用できるのもプライム会員のメリットです!