あったか敷きパッドが欲しい!布団が冷たく感じるのがイヤだから綿パイル敷きパッド!

気付けばもう9月20日!昨日の昼間は暑いと感じましたが、今日はしとしと雨模様で肌寒い日です。

夏から秋への季節の変わり目というのは、暑いと感じる日もあれば肌寒いと感じる日もありますよね。

暑かったり寒かったりで困ることはいろいろありますが、僕が一番困ると感じるのが布団なんです。

20180920attakasikipad

スポンサーリンク

この時期、昼間は暑くても夕方から夜にかけて冷え込んでくることも多いので、寝る時に肌寒いと感じて布団をかけたりします。

しかし、血圧が高いからなのか?寝ている内に暑くなって布団をはいでしまうこともしばしばw

で、朝方の気温が一番下がるころには寒くて目が覚めて、寒いと文句を言いながら布団を掛け直すということがあります(^▽^;)

この時期は服装も半袖か長袖かで迷うこともありますが、服装なら半袖に羽織るものを持っておけばどうにか対応できますが、布団の場合はそうはいきません。

そこで思いついたのが、あったか敷きパッドです。

あったか敷きパッドなら、布団に入った時に肌寒さを感じることも少なくなると思いますから、布団を掛けなくても寝られそうです。

この夏の酷暑でひんやり敷きパッドを買って試してみたんですが、その効果はともかく敷きパッドの便利さを知ることになりました。

ひんやりタオルの予想外の効果にビックリ!ひんやり敷きパッドはどうだろう?
異例のコースで台風12号が日本列島に迫ってきている週末、幸い群馬にはほとんど影響はなさそうです。 さて、一昨日、週末に100均でひんや...

今まで我が家では布団にはシーツと決まっていて、涼しくなると木綿の夏用シーツから起毛の冬用シーツに衣替えをしていました。

このシーツの衣替えが結構面倒ななんですよねぇ…

まずシーツを広げて、だいたい布団の中央に敷いてから上下左右を布団の下に織り込んでいきますよね。

シーツも週1~2回は洗濯しますから、この作業を週1~2回することになります。

ところが敷きパッドですと、厚さもありますし布団に広げるのも簡単にできますし、四隅にゴムが付いていますからそのゴムを布団の四隅にひょいと引っかれば完成です。

スポンサーリンク

ひんやり敷きパッドで楽を覚えてしまったので、今度は秋冬用のあったか敷きパッドを買おうと決意しました!

そこであったか敷きパッドにはどんな素材や種類があるのか調べたんですが、僕が欲しいのは表面がタオル地で中綿が入っているもので、綿パイル敷きパッドと呼ばれるものでした。

綿パイル敷きパッドがいいと思ったわけは単純で、我が家ではもっと寒くなれば電気毛布を使うので、それまでの間、布団に入った時に冷たいと感じなければいいということで考えた結果です。

買うと言っても、我が家は筋金入りのビンボーなので西川などの高級品は買えませんので、まずはアマゾンと楽天で綿パイル敷きパッドの安い物を調べてみたところ、1500~2000円と言ったところ。

ネット上で見る限り、1500円でも安い方だとは思うんですが、3人分となると4500円にもなります…

そこで最初に思いついたのが、ひんやり敷きパッドが800円で買えたサンキでしたw

もし1枚1000円くらいで買えれば3000円で済みますので、サンキのホームページやチラシを調べてみたんですが残念ながら綿パイル敷きパッドの特売情報は見つかりませんでした。

その次に思いついたのが、ファッションセンターしまむらですw

あったか敷きパッド しまむらでググってみると愛用している方のブログは出てくるので、参考までに読んでみるとやはり1500円ほどでした。

しまむらのホームページやチラシも見てみましたが、あったか敷きパッドの特売情報はありませんでした…

仕方ないので、今週末の3連休に時間を作ってサンキとしまむらに足を運んでみようと思っているのですが、もしそれでも安いものが見つからなかったら、ひんやりとパイルのリバーシブルで1000円ちょっとのこれを買うかもしれませんw

9月23日追記

昨日は結局、しまむらにもサンキにも寄れずに帰宅してから改めてアマゾンを見てみたら、買おうと思っていたメリーナイトのリバーシブル敷きパッドが999円に値下げしていたので即買いしました。

1枚999円ですから3枚で2997円ということで、まあ許容範囲でしょう。