年賀状の必要性はまったく感じないけど年賀状を出す必要のある人もいる件

年賀状を元旦に届けるようにするためには12月25日まで投函しなくてはいけませんよ~

まったくのノープランで迎えた正月休み前の三連休初日、休みだからゆっくり寝ていたいのに習慣でいつもと同じ時間に目覚めてしまいます(^▽^;)←おじいさんw

特にやることもないので、ひまつぶしにネットを徘徊していたら、便利そうな画像加工サイトを見つけました。

僕のようにサイトやブログを作る人なら画像加工をするのは割と当たり前ですが、一般の人たちが画像加工をするのってやっぱり年賀状だよなぁ~という思いつきから年賀状の必要性について再考しはじめてしまいましたw

スポンサーリンク

僕自身はお歳暮やお中元はもとより、ひいては結婚式や葬式などの儀式も必要ないと考える人間ですので、年賀状なんてまったくもって無意味、郵便事業を儲けさせてるだけとしか感じていませんw

そのことについてはもう何年も前から変わっていなくて、調べたら2年前にもこのブログでも書いていました。

なぜ年賀状なんか出すのだろう?出さない派からしてみると滑稽でしかない件
ようやく正月休みが決まりました^^; 僕が仕事を請け負っているのは、関西を拠点とする大手運送会社なんですが毎回、長期連休に入る週になっ...

ただよくよく考えると年賀状の必要性というのは、人によって違うのかもしれないという結論に至りました。

そもそも論を言えば、年賀状というのはなかなか行き会えない知人などへのあいさつという意味合いのものでしょうけど、現代は仕事を円滑に進めるためにという意味合いに変わってますよね。

本来であれば、相手のことを思って年賀状を出すのですが、今は自分の生活を壊したくないがために年賀状を出すという場合が多いと感じています。

それが証拠に我が家に来る年賀状には必ずお店のDMが入っています、、、というか、今ではDM年賀状しか来ませんwww

別に仕事上の付き合いでの年賀状のやりとりを否定するつもりはありませんが、そのために時間とお金と神経を使うなんてノーテンキな僕には考えられませんw

スポンサーリンク

仕事上の付き合いでなければ、結婚しましただの、子供が生まれましただの、自分の宣伝しかしてないしw

ほら、やっぱり相手のことを思って年賀状を出すんじゃなくて、やっぱり自分のことを考えてるだけの年賀状でしょ?

年賀状を出すのがデフォルトの人には申し訳ありませんが、僕的にはそんな年賀状に意味があるとは思えないんですよねぇ…

というわけで結論!仕事上の付き合い年賀状くらい出しとかないとマズイだろと思う人や結婚してご祝儀ももらっちゃったし出産祝いももらっちゃった人はイヤでも年賀状が必用かなw

そのどちらにも該当しない今の僕には年賀状の必要性はまったく感じませ~んw

以上、三連休初日の朝のひまつぶし記事にお付き合いくださましてありがとうございましたm(_ _)m

ちなみに便利そうな画像加工サイトというのは、オンラインで画像から人物だけを切り抜いてくれるremove.bgというサイトです。

画像をうpするかURLを指定すれば背景を消してくれて人物だけの画像にしてくれます。

その人物に新たな背景を合成したい場合や年賀状で使える画像は無料でダウンロードし放題の写真ACがおすすめです←宣伝しとるw