スカイテルメ渋川に行きまくったジモティーが教える利用時の裏ワザ!

12月最初の週末、朝晩は冷え込んだものの昼間は群馬特有の風もなく、穏やかな冬という感じでした。

日帰り温泉が趣味の僕は10月からは毎週土曜日に日帰り温泉に行っていましたが、今週は給料日前でお金も無かったので、昨日の土曜日ではなく、今日の昼過ぎに無料招待券を使ってスカイテルメ渋川に行ってきました。

20171203skyterumesibukawa

スポンサーリンク

スカイテルメ渋川は家から車で3分くらいの場所にあるので、一番近い日帰り温泉でジモティーに配布される無料招待券が使える渋川の日帰り温泉ランキングでは、一応1位でしたが足を運ぶのは久しぶりです。

一番近い日帰り温泉なのに久しぶりに行くというのには理由があります。

それはスカイテルメ渋川はオープン当初から行きまくったことに加え、最近では観光客も寄るようになり、いつ行っても混雑しているようになってしまったからなんです。

もともとパーソナルスペースが異常に広く、他人が近くにいると不快を感じてしまうタイプなんですが、それが裸でとなるとストレスで倒れそうになります(^▽^;)

温泉自体はそれほど狭くはないのですが、温泉の広さに比べると脱衣所が異常に狭いんです。

混雑時に行ってしまうと服を脱ぐスペースすらありませんし、服をしまうロッカーもありません。

運良くロッカーが使えたとしても、いざ出ようってなった時にも混んでいるので、ロッカーのカギを開けるのにも気を使っちゃうんです。

それがイヤでストレス解消に行ったはずなのに逆にストレスを受けてしまうのがイヤで、だんだんを足を運ばなくなったというわけです。

それでも今日みたいにお金は無いけど日帰り温泉でリフレッシュしたいと思うような日は、スカイテルメ渋川でガマンしようと思ってしまうんです。

いやいや行くなら行かなきゃいいじゃんと自分でも思うんですが、休日なのに家にいるのもストレスなので、どちらがストレスが軽いかを考えると混雑していない時間にスカイテルメ渋川に行く方がストレスが溜まらないという結論に達したんです。

そこでスカイテルメ渋川に行きまくったジモティーとして、何時くらいに行けば一番空いてるかという記憶を引っ張り出してみました。

スポンサーリンク

まずオープン時間の10時からは、毎日通ってサウナを占領する常連がわんさかいるんでアウト。

常連が一回りする1時間後の11時頃からは、温泉後に昼食を食べようと考える人たちで混むのでやっぱりアウト。

13時頃からは、昼食を食べ終わった人たち、14時過ぎからは群馬の観光地帰りの観光客、15時過ぎると温泉に浸かってから夕食も食べてしまおうというジモティーが殺到ということで、空いてる時間はたったひとつしかありません。

それは12時から13時までです!

この時間は常連はみんな帰りますし、昼食を食べる時間ですから、空いてるだろうと思って何度も行っていますが、案の定、狭い脱衣所もロッカーも空いてますし、温泉もサウナも余裕で入れます。

それでもロッカーがある程度埋まっている時は僕はロッカーを使いません。

そんな時に使える裏ワザは温泉入り口の横にある貴重品ロッカーに貴重品だけを入れて、タオルや着替えは脱衣所に置いてある脱衣カゴに入れてロッカーの上に置いときます。

こうすることで、ロッカーの順番待ちもしなくて済みますし、貴重品も安心なんです。

こんなことを教えちゃうと混雑していない時間が無くなってしまう可能性もありますが、僕は基本的にスカイテルメ渋川には行かないので、まあいいでしょうw