我が家のGW2018は夫婦2人で新潟旅行!一番の思い出は200円のカニ汁!

GW2018もあと2日となりましたが、我が家では5月3日~4日の1泊2日で夫婦2人で新潟旅行に行って来ました!

なぜ新潟なのかと言いますと、昨年一度も海を見ていない嫁に海を見せてやるついでに新潟在住のネット友達に会いに行くためです。

ところがGWの中でも最も天気が悪くなるのが5月3日という安定の運の悪さ(^▽^;)

それでもビジネスホテルを予約してしまったので、日程をずらすというわけにもいかず、雨の中出かけてきました。

GWは24時間営業のスーパー銭湯!ではなくビジネスホテルを予約した!
我が家でGWに泊まりで出掛けるとなると24時間営業のスーパー銭湯を利用するのがデフォルトで、今年も仮眠ができるスーパー銭湯を探していました。...

予定では初日に海岸沿いまでドライブして海を眺めてから、長岡まで戻って夕方から友達と会おうと思っていたんですが、雨なので海には行かず、長岡の日帰り温泉『越後長岡ゆらいや 華の湯』に直行しました。

ゆらいやの入り口

20180504yuraiya

スポンサーリンク

予定ではここでチェックイン時間の15:00頃まで過ごそうと思っていたんですが、全体的にこじんまりしている日帰り温泉なので、仮眠室などのゆっくり休める場所がないんです。

それでも食堂の一角に陣取り、風呂上りの食事をした後、無理矢理昼寝をしたんですが、14:00頃には目覚めてしまい、そのままホテルまで向かうことにしました。

予約してあるホテルは長岡駅のすぐ横にある『ホテルニューグリーンプラザ長岡』というホテルで、ゆらいやから長岡駅までは4kmくらいしかなく、10分で到着してしまう距離でしたw

チェックインまでにはまだ時間があるので、近くのコンビニで時間を潰してようやく15:00近くになったのでホテルニューグリーンプラザ長岡に行き、無事チェックインを済ませました。

予約しておいた部屋は最上階の12階の角部屋のツインの部屋で長岡駅前を見下ろす部屋でちょっとだけドヤ顔してしまいしたw

ホテルニューグリーンプラザ長岡のツインの部屋

20180504twin

ホテル自体に泊まるのが久しぶりなんで、ちょっとわくわくしているうちに友達からこれから向かうという連絡が来たので、待ち合わせ場所の長岡駅へ。

16時半ごろ、友達と合流して長岡駅前の居酒屋『白木屋』に入り、そのまま22時くらいまで話に花を咲かせました。

その後、ホテルに戻り、シャワーを浴びたのですが、久々の長距離運転で疲れたのか、11時過ぎには就寝。

久々に泊まったホテルの部屋はやはり快適で、普段なら6時ごろには目覚めてしまうんですが、目が覚めたら7時過ぎでしたw

その時点の天気は雨模様だったのですが、その後、1時間ほどで急速に回復して雲は多めながらも、太陽と青空も見え始めたので、海を見るために海岸沿いに向かうことにしました。

部屋から見た空

20180504sky

スポンサーリンク

長岡から一番近い海岸と言えば、子供の頃のホーム海岸でもある石地海岸だと思ったので、ナビを設定して出発!

30分後くらいには見慣れた石地海岸の駐車場に着いたのですが、天気は曇りがちで気温も低く、海に目をやるとものすごい勢いで白波が砕け散っていて、とても優雅に海沿いを散歩するなどという状況ではありませんでした(^▽^;)

仕方ないので、そのまま海沿いの道路を柏崎方面に向かい、今のホーム海岸の番神海岸を通りすぎ、日本海フィッシャーマンズケープで浜焼きを食べることにしました。

日本海フィッシャーマンズケープはもう何十回も来ているので、特に珍しいこともありませんでしたが、GW中ということもあり、マグロの解体ショーをやっていました。

日本海フィッシャーマンズケープ

20180504nihonkaifisermanskeep

マグロ解体ショー

20180504magurokaitaisyo

マグロの中落ちの試食をいただいた後、これも見慣れた光景ですが、日本海の名物でもあるカニを見ていたら、カニ汁が200円で飲めることがわかり早速注文しましたw

日本海名物ズワイカニ

20180504kani

カニ汁が200円

20180504kanijiru200yen

ズワイガニの半身が入ったカニ汁

20180504kanijiru

浜焼きは嫁はアカニシ貝、僕はイイダコを食べたんですが、よく考えるとイイダコなんてベイシアのBBQコーナーに普通に冷凍で売ってるんですよね(^▽^;)

アカニシ貝とイイダコの浜焼き

20180504hamayaki

その後、毎年通い慣れた帰路に付き、下道をとことこ走りながら4時間後に無事、家に到着しました。

これで我が家のGW2018のイベントは終わりましたが、この新潟旅行での一番の思い出は200円でカニの出汁と少々の身が楽しめたカニ汁となりました(^▽^;)