ワードプレスのMySQLデータベースがどのドメインと紐づいているかの確認方法

2週連続である3連休の1週目の初日ということで、どこかに出掛けたいとも思っていたんですが、秋雨前線が活発になっていて天気が悪いこととブログ運営の戦略見直しのために頭がいっぱいなことから、いつもの週末と同じで日帰り温泉でリフレッシュ!

さて、今朝、起きぬけにこれからのブログ運営について考えを巡らせていたところ、まずは既存のサイトやブログを整理しようと思い立ちました。

で、主力ブログ以外のドメインは更新しないと決めて、僕がメインで使っているお名前サーバーの管理画面のログインして、稼働していないドメインを確認してみたところ、MySQLデータベースの数が30個以上あったんです!

20180915wp-mysql-datebase

スポンサーリンク

MySQLデータベースというのは、ワードプレスをインストールする時に勝手に作られるものなんですが、どんな役目を果たしているとかはまったくわかりません(^▽^;)

お名前サーバーでは、ワードプレスをインストールすればするだけ作られてしまうもので、自分の意思で作るのもではないため、僕的には管理するという感覚が無かったんです。

管理する気が無いため、MySQLのデータベース名とかユーザー名とかパスワードを自分で決めず、完全におまかせにしていました。

これが困ったことになっちゃったんです(-_-;)

このMySQLデータベースというのは、一度作られると自分で削除しない限り、存在し続けていて、更新をしないで失効したドメインで作ったMySQLデータベースも残ってるんです。

そしてデータベース名やユーザー名やパスワードはドメインとは無関係なランダムな数字やアルファベットで自動生成されるため、どのドメインと紐づいているのかわからない状況になってしまいました。

いや、お名前サーバーではMySQLデータベースが作られた時にメモ機能にブログ名やドメイン名を入力できるんですが、僕が管理する気がまったくなかったため、それをしなかったのが悪いんです。

30個以上あるMySQLデータベースの中から稼働していないMySQLデータベースを削除したいと思ったんですが、どれを削除していいのかまったくわからないんです…

スポンサーリンク

そこで今稼働しているワードプレスのMySQLデータベースとすでに使っていないワードプレスのMySQLデータベースがどのドメインに紐づいているかの確認が必要になったわけです。

それを調べたところ、MySQLデータベースがどのドメインと紐づいているかの確認方法がわかりましたので、ここに備忘録として残しておきます。

MySQLデータベースの情報はワードプレスの中にあることがわかりました。

①ワードプレスをインストールしているドメインをFTPで開くと『wp』というフォルダがあります。

②その『wp』をさらに開くとその中に『wp-config.php』というファイルがあり、このファイルにMySQLデータベースの情報が記載されています。

③その『wp-config.php』をダウンロードします。

④ダウンロードしたphpファイルをテラパッドで開くと『’DB_NAME’, ‘_crearc〇〇〇〇〇’』という文字列があり、〇〇〇〇〇の部分がデータベース名です。

⑤その下にユーザー名、パスワードがありますが、データベース名さえわかればどのドメインと紐づいているかがわかります。

⑥お名前サーバーの管理画面でMySQLデータベース一覧から確認したデータベース名を見つけたらメモにブログ名やドメインを入力します。

⑦これで稼働しているすべてのデータベースがわかりましたので、残ったデータベースは不必要ということになので削除します。

この方法で稼働中のMySQLデータベース以外を削除していったところ、最終的には13個になり、メモにもブログ名やドメインを入力したので、すべてのMySQLデータベースとドメインが完全に紐づきました!

これで管理画面の見た目もスッキリしたと同時に僕の頭の中もスッキリしました♪