生みの苦しみだなあ。。。自称クリエイターのクセに週に2~3回の生みの苦しみは多すぎ?

生みの苦しみだなあ。。。

このブログ「気分上々Weblog」は完全に日記なんですが、よほどの事情が無い限り、毎日更新することが目標です。

他にも月に2~3回は更新しなくてはいけないサイトやブログが5個くらい、数ヶ月ごとに更新しようと思っているサイトが3個くらいあり、それらはすべて有料の独自ドメインで運営しています。

それ以外にも無料ブログを使ってさまざまなジャンルのブログを運営しています。

20161116creator

僕が本業と思ってやっているのはサイトアフィリエイトとかブログアフィリエイトとか呼べれているもので、やるべきことはヒジョーに簡単でとにかく記事を書くこと。

もちろん無意味な記事を書くのはこのブログくらいで(苦笑)他のサイトやブログの場合は書くべきことの詳細を調べて、自分なりにかみ砕いて、読んでくれた人が「なるほど~」とか「おもしろかった」とか思ってくれるような記事になるように努めています。

実際に読者のためになっているかどうかは定かではありませんし、思ったような報酬にはなっていはいませんが(;^ω^)

スポンサーリンク

つまりヒントはあるものの、ほぼ何も無いゼロの状態から文章を作り出すわけですから、拡大解釈をすればクリエイティブな仕事と言えないこともないんです^^

クリエイティブというのは、創造的、独創的という意味で何かを創り出すことでクリエイティブな仕事をしている人のことを「クリエイター」と呼びますから、僕の中では僕もクリエイターなんです!

と言ってもただ単に記事を書くだけですから、特別なスキルや知識、道具や機材などはまったく必要ありませんが、何もないところから何かを生み出すというのはホントにキツイんですよねえ。。。

それが「生みの苦しみだなあ。。。」というワードになったわけです^^;

生みの苦しみというのは、女性が子供を産む時の苦しみのことでその苦しみを経て、今まで無かったものを生むことから転じて、何もない状態からコンテンツを作り出す時に使われますよね。

スポンサーリンク

もちろん何かを創り出すことを生業としている小説家、漫画家、作曲家、作詞家、ゲーム作家、パズル作家、CGクリエイター、映像クリエイターなどのホンモノのクリエイターは頻繁に生みの苦しみはあると思います。

僕の場合、この生みの苦しみが週に2~3回襲ってくるんですが、自称クリエイターにしては多すぎじゃね?とついさっき気づいちゃいましたwww

ホンモノのクリエイターからしてみれば「似非クリエイターが生みの苦しむを語るなっ!」と怒られそうですが、今日も自称クリエイターは自称クリエイターなりに生みの苦しみの中でもがいていて、どんなテーマの記事を書くかがまったく決まらなかったので、今の状態をそのままテーマにして記事を書いてみました( ̄^ ̄) ドヤッ!